オンナノコの解体新書が第一位、JARAアダルトグッズオブイヤー

a1_20150710211046866.jpg

 エムズ公式TwitterによるとJARAというアダルトグッズの 小売団体が発足し、2015年上半期のアダルトグッズオブイヤーが決定、秋葉原店にそれらの商品が展示されているとのこと。早速秋葉原店を訪れてみると。入口入ってすぐの右側にあった。



a2_2015071021104761ds.jpg

 件のツイート最新のツイートでは立川店にも展示コーナが出来た様だ。

 それでは話題をさらったあの製品、斜め右を行く発想のあの製品、改良を重ね更に質、性能ともに向上したあの製品と展示されていた製品達をここに全て紹介する。個人的に思い入れのあるグッズはコメントも長めだが、知らないグッズもあるのでそれらのコメントは短め、ご了承願いたい。

1位


オンナノコの解体新書

 このBlogでもワンフェス先行発売直後から高いアクセスを誇っていたオンナノコの解体新書。大型オナホに骨格を入れるアイデアとマジックアイズらしい丁寧、こだわりの造りで納得の第一位だ。

2位


A10サイクロン スタンドアローン

 「性活家電」を謳った電動オナホール。従来の製品とは一線を画す洗練されたデザインと種類が多い回転、DVD等との連動と電動オナホールの新時代を感じさせる一品。エムズ池袋店のスタッフは一人一台持っている(ソース:PLM最新号)とか、プロも認めた一台。

3位


BOSS Erect Pump Pro 2 ボス エレクトポンププロ 2

 「ボス エレクトポンプ プロ」のバージョンアップ型。ペニス増大増強の中では扱いやすい一品。

その他の入選(順不同)


けものひめ きつの

TENGA Vacuum Controller バキュームコントローラー

床オナ式名器 ウテルスセックス
 本邦初?獣姦ラブドール。実際に手にしてみるとかなり大きい(参考写真)。  オナホールに最適化されたバキュームを手軽に(スタッフによるバキューム写真  挿れるのではなく、床オナ用の擦りつける為のシートという斬新なアイテム。

ピローハガー

メンズマックスフィール プラスウェッチ

リベロ ダブルスキンディルド
 腰型エアピローは数多くあれど、抱き枕や布団に結着して楽しめる新しいピロー。  水をつければみるみる濡れる、魔法のようなオナホール 。もうローションは不要?素材が斬新。  従来の一体成形のディルドと異なり、皮と芯の2重構造のディルド。より本物らしい感触を実現している。

キャンディーローション

SVAKOM Siime Eye スヴァコム シミアイ

デブ専
 まるでキャンディーの様な見た目のパッケージのローション。中は三種類の性能のローションが入っている。  超高性能カメラ付きバイブがワイヤレス化された。アプリを経由し、場所を選ばず膣内撮影出来る。  厚い肉ヒダ・・・って腹だこれ!!! 圧倒的造形美で再現された、だらしない身体のおデブちゃんホール。


ペニスレギンス

 また今回入選し、店頭での取り扱いもあるが通販での取り扱いがない「ペニスレギンス」はメーカーのページにリンクした。↓みたいなサイトでペニストッキングとかも作っている会社だ。

お店巡回他の記事

  • 新作リアルボディ、オナホ館に三種共早速並んでいた
  • 中野の「ぴゅあコレ」、タマトイズ製品が充実のアダルトショップ
  • エムズ秋葉原店先週末のオナホ新作台色々
  • マジックフェイス2 ゆきかぜエディションが最前列に!2/28のエムズオナホ新作台色々
  • W.O.オナホ館に「Plug-Doll AYANO」が並んでいた、しかも全種類!
  • TENGA SWEET LOVE CUP&EGG LOVERSエムズ池袋店にも並んでいた
  • エムズ秋葉原店リニューアル、先週末オナホ売り場の様子
  • より明るく清潔な店内に!エムズ秋葉原店リニューアル店内レポート
  • 「Love Style ラブスタイル 苺」も山積み。新年エムズ秋葉原店の新作色々
  • 新発売の「エア・ドリーム」シリーズ、オナホ館に展示中
  • 2018年4月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30          

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8