もっと、リアルボディJULIA!inオナホ館

p1.jpg

 先日「リアルボディJULIA」の記事を書いたところJULIAさんご本人からRT貰ったこともあり、多くのアクセスを頂いた。前回は「オナホ館にサンプルがあったよ!」という告知記事だったが、折角なので改めてオナホ館を訪問し詳細をレポートさせて貰った。



p1.jpg

 前回お伝えしたとおり、オナホ館には実際に感触を楽しめる「リアルボディJULIA」が居る。開発をまとめた漫画にはオナホ館長とSSI JAPANの女性スタッフが登場するが、女性スタッフが頑張った(女性目線が入っている)ことが繊細、リアルなボディの仕上がりに一役買っていると思う。

p2.jpg

 おっぱいをわし掴みにして揉んでみる!JULIAさんごめんなさい。欲望に負けた訳じゃないです、これ取材ですから・・・w。

 前回も書いたけどおっぱいはとても柔らかいけど、奥には少し硬いシリコンの感触がある。多分二層構造でリアルさを追求しているのではないかと思う。

p3.jpg

 しかしこのように上向きで展示されていてもおっぱいが型崩れしない!固くなく、柔らか過ぎずの絶妙な固さといえる。またボディは鎖骨の形状やほくろの位置まで忠実に再現されているのもチェックポイント。

 先述の通り二層構造でリアルさを追求しているが、骨格は入っていないので普段はこの様に上向きに寝かしておくような感じになると思うのでおっぱいが綺麗な形を維持していることはとても大切な事なのだ。

p4.jpg

 ボディラインは素晴らしいのは前回の取材で十分理解していたが、これは大型オナホだ。穴の具合を確認しなければレビューも片手落ちだ。ちなみに穴は二穴構造になっている。

 早速指を入れてみたが、小さな無数のイボがとても気持ちいい印象だ。大きさは仁丹粒より一回り位大きな感じだろうか、柔らかい無数のイボが入り口でいきなり襲い掛かる感じだ。

p5.jpg

 展示状態の箱に入ったままでもこの様に指を入れて内部感触を確認できる、想像以上に柔らかく良い感触だった。

「すごく・・・柔らかいです・・・」

p6.jpg

 実際の位置に再現されたほくろ。

p7.jpg

 そして足部分にあるこのサインの刻印が彼女の分身である証!

 と再びJULIAさんに会いに行ってしまった訳だが、ボディラインの美しさはやはり何度見ても凄い。展示場所は店舗奥側なので他の来店客をあまり気にせずじっくり見ることが出来ると思う。

(取材協力:ワイルドワン オナホ館)


リアルボディJULIA

リアルボディJULIA他の記事

  • リアルボディJULIA様が勢いに乗じてご鎮座
  • SSI JAPANが新リアルボディのアイデア募集
  • もっと、リアルボディJULIA!inオナホ館
  • リアルボディJULIA、オナホ館に居た!
  • リアルボディJULIA
  • 製品情報他の記事

  • ホッパで約3000円お得な「アシハエタ」「二股ピローカバー」「オナホ」セット展開!期間限定
  • ワンフェス展示のTENGAロボ12月末発売&予約受付中
  • ホットパワーズの異世界への挿入シリーズは今日現在5種類(まとめ)
  • 「半熟サキュバス サキュエルおっぱいDX」、ホッパがヒットを予想する逸品。23日まで先行予約受付中
  • タマトイズ「エンジェリックドール用 セーラー服&ブラショーツ」発売、ドールオプションのラインナップも充実してきた
  • 添い寝に特化したエアドール「ねるどる」近日エーワンから発売?
  • タマトイズのTシャツなので「たまT」!って、どうしたタマトイズ?
  • タマトイズ「エンジェリックドール」用マスク12種類、7月19日発売予定
  • ホッパの「オリジナルパッケージ」を引き出物にしたいので、誰か結婚してください
  • あかりちゃんのおっぱい2 乳輪ver.、乳輪が大きく、三層構造にパワーアップ
  • 2018年9月

                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8