Tamatoysインサートエアピローレビュー

w1.jpg

 前々から気になっていたTamatoysの「インサートエアピローシリーズ」、新作が出たのを機会に入手した。カバーは最新版「鷹勢優氏が描いた#38 」!



w1.jpg

 このインサートエアピローを楽しむ場合初めての人は「インサートエアピロー エアピロー本体Ver.」と「インサートエアピローシリーズ」のお好きなカバーを購入する必要がある。しかしカバーは着脱自在なので2枚目からはカバーだけを購入すればよい。

w2.jpg

 この製品の特徴は「コンパクト」ということ。横に一般的なエアピローを並べてみたが、面積で約1/5。厚みを無視し面積だけで考えても空気の充填量が1/5というのは準備が格段に楽になる。

w3.jpg

 しかし小さくても存在感が無くなってしまったら・・・というのが私が心配していた事なのだが、等身大ラブドール宇佐羽えあと並べてみても顔は一回り小さい位でなかなかの存在感だ。デザインを思い切って体の下半分切ってしまったのが良かったようだ。実際行為中は接合部から足は視界に入らないのだからこれは賢い選択だと思う。

w7.jpg

 「やってる目線」で撮影してみた。なかなかいい視界だ、表情がとてもいい!!また片手で抱きかかえられる大きさが背徳感を増幅するw。

w9.jpg

 カバーは一般的な抱き枕カバー生地、簡単に言うと「ツルツルする肌触りの良い布」だ。

w4.jpg

 そして定番の高品質印刷で絵師さんの萌え絵が生える。

w5.jpg

 カバーは裏表で後ろからも前からも出来る仕様になっている。ポーズの差異は絵師によってもあるが、「後ろから前から」のコンセプトはどの娘も同じ。

w6.jpg

 今度はピロー本体を見てみよう。左はトイズハートの「セブンティーン」シリーズクラスのオナホを入れてみたが、あと2周り位大きくても大丈夫そうなので肉厚系もいけそうだ。右側には直径約5cmの「砲弾オナホ」が丁度いい大きさ。

w8.jpg

 オナホを装填したら枕カバーを被せるが、注意点は空気を半分程度抜いてカバーの中に入れること。カバーの入り口が広くないので無理に入れると本体か、カバー入り口が壊れる。入れにくいと思ったら無理せず本体の空気圧を減圧すること。

 カバーを装着し下の穴からホールを出して完成。布から少しはみ出すオナホが絵的にエロいw。

w10.jpg

 またやったあとはこの様に添い寝も出来る大きさなのでそのまま寝てしまいたい所だが、寝る前に面倒でもホールだけは洗ったほうがいい。写真だと女の子が嫌がっているように見えるが多分気のせいw。


インサートエアピロー エアピロー本体Ver.

★ エムズで取り扱い中のインサートエアピローシリーズ一覧

★ Amazonで取り扱い中のインサートエアピローシリーズ一覧

グッズレビュー他の記事

  • ぷにばーじん エキサイト レビュー、ヒダ&捻りのエキサイトな刺激
  • 「無口なあの娘 ビッグ」レビュー、キツめ高刺激派のボリュームオナホ
  • maccos淫惑シリーズ最大級「淫惑マーメイド」レビュー
  • maccos新作「淫口アイドリップ」は抜ける口内模型?抜いて、眺めてレビュー
  • インサート二股エアピローカバーレビュー。一緒に添い寝も出来る等身大カバーの存在感
  • インサート二股エアピロー 本体レビュー、ホールポケットはリアルな位置に
  • 「どこでもプニまんSPDX」レビュー、床オナ&オナホいいとこ取りの気持ちよさ
  • maccos「淫惑アデーニョ」二穴味わってみたゾレビュー
  • 「淫惑アデーニョ」個性的艶女系ヒップホールの外観レビュー
  • 「委員長の早熟おっぱい」に思いっきり抜いて貰おう!(抜き視点でのレビュー)
  • 2018年8月

          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8