マジックアイズの新作オナホは「Visual Shock!」(ワンフェスレポ)

k1.jpg

 昨年は「オンナノコの解体新書」がJARAのアダルトグッズオブイヤーの大賞を受賞したマジックアイズだが、今回はワンフェス単独では初参加となる。早速ブースを拝見させてもらったが、また今年も話題をさらうような名作意が生まれる予感?



k1.jpg

ブースには昨年大賞受賞のPOPが誇らしげに掲げられていたが、開発者の視線は既に2016年に注がれている。それでは今年発売されるであろう製品の試作品をお届けしよう。

k2.jpg

 まずは「極彩」。これは完成度も高く近日発売の予定みたいだ。

k3.jpg

 胴体型オナホだが、イラストの様に脇部分が何かで覆われている。何なのかは分からないけど「ぐちょ濡れ名器 MONSTER キメラ」の表面みたいな模様だった。POPにも3D造型MONSTERとあるのでMONSTER繋がりかも。

k4.jpg

 最近ではこのトルソー型オナホも低価格化していいて一体成型も数多いが、三層構造になっている。

k5.jpg

 次にこの制服のボトルは「制服NUDE」という製品。簡単に言えば中は簡易オナホだ。パッケージを剥がすを服を脱がす楽しみに出来る。その他にも底部に封入されたローションはパンツ柄。色々な柄をランダムで入れてあるので女の子の性格の違いを楽しむとか相変わらず芸が細かい。

 ちなみにこの制服はビニール(セロファン)に印刷されたものらしいが、印刷の出来が良く布製の制服の上に透明のビニールが巻かれているのかと思った。ずっとそれを疑っていなかったのだが、記事を書くにあたり写真の中の文を読み込んで気付いた次第。それ位出来が良かった。

k6.jpg

 POP単体を撮り忘れたが、内部構造と解説。こちらはまだ開発中なので発売までもう少し時間がかかるみたいだ。

k7.jpg

 今回の新製品レポートではオナホの外見が中心となったが、POPには「Visual Shock!」と書いてある。昨年「オンナノコの解体新書」は骨付きオナホの先駆けとなりその後各社から同様の製品が発売されたが、マジックアイズは2016年「Visual Shock!」で新たな流れを起こすことが出来るだろうか、期待して見守りたい。・・・というか制服NUDE早く発売してくださいw。

イベント他の記事

  • リアルな巫女さんがお出迎え、SSI JAPANブースレポ(フェチフェス13)
  • 本格的職人手作りから初心者向け入門セットまでメルシーブースSMグッズ色々(フェチフェス13)
  • ヒゲアブラーさん全身タイツ姿で信長書店をアピール(フェチフェス13)
  • トイズハートブースで若月まりあさんに縛って貰った(フェチフェス13)
  • XCREAMブースで楽しむTMAのVR(フェチフェス13)
  • 縛って欲しい故に、ぴゅあコレ(中野)に行ってきた
  • トイズハート初「オナホ座談会」参加者募集中、18日まで
  • SSI JAPAN WFブースレポ、人気製品&発売予定情報編
  • パロ製品がずらり並ぶ、チクワークZワンフェスブースレポ
  • リアルボディの存在感が際立っていた、SSI JAPAN初参加ブースレポ
  • 2018年6月

              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8