VRを体感出来るアダルトグッズ色々

w0.jpg

 先日アダルトVRエキスポを見てきた事もあり、VRに興味を持ったので実際私が体感したVRグッズについてご紹介します。この記事を皮切りにジョークグッズジャーナルもVRなグッズライフを目指したいと思います。



w1.jpg

 先日体感したカスタムメイド3DのVRの様子。システムが大がかりで、高価になる事を除けば私的には最も理想的なシステムだと思います。女の子も可愛く、好きな表情、服装にカスタム出来るのもポイントが高く、最も先端を行っていると思います。

w0.jpg

 これは通常のゲーム画面をキャプチャしたものです。やはり一番は女の子が可愛いか可愛くないかがゲームの価値を決めると思いますのでこのゲームは素晴らしいです!!

 オナホデバイスを手で動かせば連動して女の子が画面上で動くのですがオナホを固定して自らが腰を振ればもっと実感的になります。

 これは将来もっともっと拡張するゲームだと思いますのでゲーム基本ソフトとオナホデバイスは常に市場に流通させてファン層を継続的に増やして欲しいところです。(現在オナホデバイスは市場で品薄

w2.png

 またオナホデバイスを動かせば画面中の女の子が動くのものでは「BKK Cybersex Cup」も面白いです。ゴーグルでVRの世界が楽しめます。また頭がいいなと思ったのはゴーグルの映像部はスマホを利用してアプリを入れて動作させているところ。それにより難しいハードを装備する必要が無く価格が抑えられています。

 しかし二次元の女の子が居ないのが難点、昨今のエロゲーに出てくるような女の子が搭載されていれば多分買っていました。

 しかしここで注意点は二次元は分からない人間が雁首揃えて開発しても可愛くない物しか出来ないので注意が必要です。拡張の可能性が含まれているので今後に注目しましょう。

 しかしリアルな女性が好きな人なら十分おすすめ出来る商品です。(注:現在通販では品切れです。オナホ館店頭のみの販売になります)

BKK バーチャルリアリティマスターベートカップ見て触った!(入荷当時の記事)


BKK Cybersex Cup

w3.jpg

 最後は「CycloneX10」は画面に併せてオナホが動いてくれますので自分で「突く」必要がありません。イメージとしては騎乗位で女の子が勝手に動いてくれるイメージです。「連動」と一口に言っても先程の自分が動いて画面の女の子を動かすというカスタムメイドや「BKK Cybersex Cup」とは考え方が真逆です。


CycloneX10

 これらが今後どのように進化するのか、またユーザーがどのように利用すれば面白いか、ジョークグッズジャーナルでも実戦を交えて検証していこうと思います。

よもやま他の記事

  • エア・ドリームにインサートエアピローのカバーは使えるのか
  • エムズ秋葉原リニューアル記念、2005年頃のエムズ秋葉原店
  • 尻ホールを使用して、今年の冬至は「ゆず湯」ならぬ「尻湯」を楽しもう
  • ホッパでトイズハート製品買うだけでカタログ&タオルプレゼント
  • 「淫惑ヴァージニティー」着色してみた(後篇)
  • 「淫惑ヴァージニティー」着色してみた(前篇)
  • 「半熟サキュバス 2.5次元コネクトまくら」綿を抜いて洗ってみた
  • ホットパワーズ&エムズがコラボの「ドキドキ★病んでミック」、救世主イベントは19日まで
  • G PROJECT「くうピロー 2」使った約4千円で楽しめる女体盛り
  • 「エーワン」本社訪問レポート
  • 2017年12月

              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8