インサートクッションピロー、コネクトまくらと比較レビュー

k1.jpg

 タマトイズから発売された「インサートクッションピロー」、折角なので「半熟サキュバス 2.5次元コネクトまくら」と比較しながらレビューしたい。コンセプトは同じだが、方向性が異なる製品なので好みで選べる。



k1.jpg

 「インサートクッションピロー」は二つ折りで販売されているので店頭に並んでいる姿は「半熟サキュバス 2.5次元コネクトまくら」の半分位でコンパクト。

k2.jpg

 袋から出してみるとこの様に大きくなるが、薄い感じ。ボリュームは「半熟サキュバス 2.5次元コネクトまくら」の方がある。

k3.jpg

 オナホ挿入口。「半熟サキュバス 2.5次元コネクトまくら」は穴が開いているだけだが(左)、「インサートクッションピロー」は口を締める紐が装備されている。より確実にオナホを固定出来る。しかし綿のボリュームは「半熟サキュバス 2.5次元コネクトまくら」の方がある。

k4.jpg

 横から見てもボリュームの差は歴然。上側が「インサートクッションピロー」だ。

k5.jpg

 「インサートクッションピロー」に「インサートエアピロー」シリーズのカバーを被せてみる。純正なのでプリントが伸びたり、逆に布が余る事もない。この点「半熟サキュバス 2.5次元コネクトまくら」はボリュームがある分カバーを被せるのに力を要した。カバーの装着、交換なら「インサートクッションピロー」の方が扱いやすい。

k6.jpg

 350mlペットボトルをホール挿入口に入れてみた。まだ余裕がありもう少し大きなホールも大丈夫そうだ。しかしビニールの空気枕と異なりオナホの油分を吸うので装着の際はビニール袋、サランラップ、タオル等で養生した方が良さそうだ。あとは口の紐を軽く絞めて完成。

 最初に発売された「半熟サキュバス 2.5次元コネクトまくら」はボリュームがあり通常の枕としても利用できるくらい感触がよい。対して「インサートクッションピロー」は価格が安く抑えられているがボリュームが少ない。しかしその分カバーの着脱が容易であったり、ホール口の紐もオナホ固定に有用だ。

 最後に両者を一言で言うとボリューム、触り心地の「半熟サキュバス 2.5次元コネクトまくら実用性の「インサートクッションピローといえそうだ。

グッズレビュー他の記事

  • 「リアルボディ+3Dボーンシステム ちっぱい皐月もも」パッケージレビュー
  • 「ときめき妄想リアリティ セブン(セイラ)」は小さな高級車みたいな拘りの詰まったトルソー
  • ラブボディ COCO専用 ココの柔肌 レビュー
  • 木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 ホールポケットレビュー
  • 明治書店「ワンコイン 抜キット」お気軽サクッとレビュー
  • 伝説の「三峯ほおる」レビュー
  • タマトイズ「インサートエアピローDX」、存在感はインサート~シリーズ最強
  • maccos JAPAN「ロリアル・アラモード」に服を着させて雰囲気を楽しむ
  • トイズハートの年賀タオルは自社ドールの〇〇に完全対応
  • SSI JAPAN「エア・ドリーム」娘にぶっ太いモノを色々挿れてみた
  • 2018年4月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30          

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8