ホットパワーズ 夢のオナホ「夢ホ」レビュー(速報第一弾)

501.jpg

 昨年末に到着していた「先行お試し販売 夢ホ 第1弾(大型)」、レビューが遅くて年を越してしまった。早速レビューをしたところ、年を越したことを後悔する位の不思議なオナホだった。不思議という表現は個人的に気に入ったが、まだ私の中でこのオナホを文章にするほど理解出来ていないという意味。これから二回三回使用して続報を書いていこうと思うが、今日は第一報だ。



501.jpg

 今回は試作品の先行販売なので箱は無し。袋にノーマル+-0と記載されているのみだ。最近柔らか系が好きな私だが、全体としてまったり仕上がっている分ノーマルでも結構良い感じだった。この使用感は後ほど感想としてまとめたい。

502.jpg

 大きさ、外観が「これぞ子宮姦 孕ませックス!!」に似ているのでバリエーションかと思ったが、子宮ギミックも外されていて外側こそ似た外観だが、内部は全く別物と思った方が良さそうだ。しかし大きい、最近の製品「フェラ魔チオ アーネ」と並べて撮影してみたが長さこそ同じだが、幅がかなりあるのが分かる。また最近はオナホを締め付ける溝が掘られるのが流行らしくこのオナホにも溝が三本ある。「ホールバンテージ」を使用しても良いだろう。

503.jpg

 前から見ても直径の大きさが分かる。また穴が大きいので締め付けるとかは期待出来なさそうだ。しかしこの肉厚な雰囲気、さわった感じが「夢」を名乗るだけの気持ちよさを予感させる。

504.jpg

 内部構造は膣をイメージしたリアルな雰囲気。目で見ただけで気持ちよさそうだ。挿れたい、挿れてみたい気持ちが強くなってきたのであとは公式の断面図に内部構造の解説は譲って使用感をレビューしてみたい。

506.jpg

 ブリードが少し気になるのと寒いので温かいお湯で軽くオナホを洗浄して使用する。ローションはサービス品のホットエンターテイメント25周年の物でそこそこ粘度のある物を使用した。先述の通り穴が太いので挿入は楽だ。内部は挿れてみるだけで気持ちよいので、激しくピストン運動をする必要はない、ゆっくり内部の気持ちよさを楽しみたい。徐々に動かしてみると、激しくはないのに気持ちよさが伝わってくる。搾り取るというより後味の良い気持ちよさを伴ってフィニッシュという感じだ。

505.jpg

 使い終わったら洗浄メンテナンスだが、三層構造なので裏返しはやめた方がよい。しかし穴が大きいので洗いやすいと思う。こじ開けると奥まで指が入ったので綺麗に洗えるはずだ。水分を切ったら粘着力のある素材なので「ホッパウダー」や最近発売された「女子校生の柔肌の匂いがするパウダー」をまぶしておく必要がある。写真の様に白くなっても構わないのでラフにバフバフしておくと次回使用する時他の物にくっついているといったトラブルが防げるだろう。

 正直一回使っただけでこのオナホを語るのは勿体ないと思うし、二回三回抜いてまた続編を書きたいが「後味の良い自然な抜き味」という雰囲気は言えそうだ。なおこの「夢ホ」は執筆日現在品切れとなっているが、近日中に再販予定とのことだ。

「夢ホ」は2月24日に「夢無花果(ゆめいちじく)」として発売になります。


夢無花果(ゆめいちじく)

グッズレビュー他の記事

  • 「リアルボディ+3Dボーンシステム ちっぱい皐月もも」パッケージレビュー
  • 「ときめき妄想リアリティ セブン(セイラ)」は小さな高級車みたいな拘りの詰まったトルソー
  • ラブボディ COCO専用 ココの柔肌 レビュー
  • 木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 ホールポケットレビュー
  • 明治書店「ワンコイン 抜キット」お気軽サクッとレビュー
  • 伝説の「三峯ほおる」レビュー
  • タマトイズ「インサートエアピローDX」、存在感はインサート~シリーズ最強
  • maccos JAPAN「ロリアル・アラモード」に服を着させて雰囲気を楽しむ
  • トイズハートの年賀タオルは自社ドールの〇〇に完全対応
  • SSI JAPAN「エア・ドリーム」娘にぶっ太いモノを色々挿れてみた
  • 2018年4月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30          

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8