ホットパワーズはアシハエタ+ARの切り口で疑似体験を考案中?(AVRS)

401.jpg

 VRの映像とは無縁でもよりVRをリアルに出来る(かもしれない)「美脚ホッパッピローアシハエタ」、「装着おっぱい チチツケタ」などを扱っているホットパワーズでは今回VRではなくARという切り口で展示を行っていた。ARはVRより前に流行った技術であるが、現実が入ってくる分より生々しさが味わえる技術だ。



401.jpg402.jpg

 展示品は「美脚ホッパッピローアシハエタ」、「装着おっぱい チチツケタ」と新しい物はないので今回のメイン、クロマキーARの話に移行する。

403.jpg

 まずARとは「拡張現実」とは「半分現実、半分仮想」と捉えて貰うと良いだろう。今回のイベントのメインであるVRは「仮想現実」で100%仮想空間だ。私も完全に消化出来ていないが、簡単に言うとそんな違いになる。

 今回のARに使う「美脚ホッパッピローアシハエタ」は抱き枕カバーを装着して楽しむエアドールだ。二次元の絵を三次元のドールに起こすとどうしても違和感が出るケースがある。そういう意味では絵そのものを使う「美脚ホッパッピローアシハエタ」はより二次元に近い存在となる。

404.jpg

 そして取り出すのはスマホ。↓のクロマキー技術でくり抜かれた女の子の絵が写し出される。これで背景が自分の部屋となったらまるで自分の部屋に二次元の女の子が訪れたような雰囲気になる。半分現実、半分仮想というVRよりは古い技術になるが、現実が入る分より現実的になる。

 こんなモニターを見ながら「美脚ホッパッピローアシハエタ」を使うとまるで自分の部屋で楽しんでいるような臨場感や現実感が楽しめるのではないかという話だ。

 私の説明でイマイチ理解出来なかったら「家具 アプリ AR」みたいなワードで検索した家具店のアプリを使ってみると自分の部屋に仮想の家具を置く疑似体験が出来る。多分遊んで貰うと「半分現実、半分仮想」の世界が理解して貰いやすいかもしれない。

405.jpg

 次に「クロマキー」とは合成技術の一つで、こんな一色背景の画像から背景を除いて他の背景に合成する技術だ。

406.jpg

 完全に作られた仮想空間ではなく、クロマキーARなら自分の部屋との合成だって可能だ。この「美脚ホッパッピローアシハエタ」は対抱き枕という二次元を対象とした製品なので、こんな切り口も面白いと思う。


美脚ホッパッピローアシハエタ

取材協力:AVRS事務局(http://avrs.jp/)

AVRS他の記事

  • What is AVRS (AVRS記事まとめ)
  • カスタムメイドVRはやはりいい。ゴーグルセットが早く欲しい(AVRS)
  • 踏まれたいVR、ハラウエプロジェクト趣味半分でレポ(AVRS)
  • SSI JAPANブース、VRに活用出来そうな製品色々(AVRS)
  • 会いに行けるVR!「MAN-ZOKU VR」を体験してみた(AVRS)
  • SSI JAPAN「Real Body極生乳」は玄人浪漫(AVRS)
  • 「自立支援センターむく」による真面目で楽しいVR活用(AVRS)
  • リアルボディ+3Dボーンシステムちゃいドル二階堂りおに日本製版が登場(AVRS)
  • ホットパワーズはアシハエタ+ARの切り口で疑似体験を考案中?(AVRS)
  • TMA、きみと歩実さんとリアルタイムVR体験、VR技術たのしー(AVRS)
  • イベント他の記事

  • 「純粋少女」DF研周辺に新ジャンルオナホの予感(WF2017夏)
  • 「ぷりっ尻」トイズハートの新作、ぷりっと発売(WF2017夏)
  • 「サキュ手裏剣」はキテルキテル×ホットパワーズのコラボ(WF2017夏)
  • フィルワークス、開発者が語る「処女膜無双」への熱い思い(WF2017夏)
  • 色々徹底的に拘る、マジックアイズブースを揉みっとレポート(WF2017夏)
  • 【祝・初完売】ホットパワーズブース、ゴリっとレポート(WF2017夏)
  • ぴゅあコレ中野店(タマトイズ)ではもちこ(姉)さんが売り子をしていた(WF2017夏)
  • かさいあみさんも元気に、トイズハートブースレポ(WF2017夏)
  • (アダルトグッズに)会えるイベント(2017年夏版)
  • オリエント工業の創業40周年記念展示会『今と昔の愛人形』4(全体色々後編)
  • 2017年12月

              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8