SSI JAPAN「Real Body極生乳」は玄人浪漫(AVRS)

601.jpg

 SSI JAPANでは3つの新製品が紹介されていたが、先日紹介した二階堂りおに続き「リアルボディ極生乳」を今回は紹介する。「玄人浪漫」とはいかに?



601.jpg

 「玄人浪漫」とは??「玄人」とは多分AV業界出身の造形師のことで、「浪漫」はその造形師が理想とする「釣鐘型、Fカップ」おっぱいが忠実に作られている事を示していると思う。重量2.5kg、四層構造と贅沢の極みだが、一方参考価格は税別一万円を切る価格に抑えられているのも消費者が輪からすると「浪漫」かもしれない。しかし今回のパッケージは渋く同じSSI JAPAN製でも下のパッケージとはかなり趣が異なる。


日本製 ぷにぷにおっぱい

602.jpg

 この製品の特徴を伝えるPOP。クリックで拡大するので興味のある方は是非読んでみて欲しい。

603.jpg

 解説部分を更にアップ。造形しがただの造形師ではなく「AV業界出身の造形師」となっている。「A系メイドのぷりっ尻」は「東京藝術大学彫刻科卒業の新進系若手芸術家」が造形師だったしSSI JAPANの造形師はただの造形師では務まらない


A系メイドのぷりっ尻

604.jpg

 実際触ってみた。揉んだ感触では多層構造を感じることは出来ないが柔らかい気持ちいい揉み心地だ。むしろ多層構造を感じられたら「嘘」になるのでこのさりげなさが実感的だと思う。

605.jpg

 一方乳首には堅めの別素材を使用してこりこり感を演出している。

 冒頭のパッケージを見ると「REAL BODY」のロゴがある。「REAL BODY」というとトルソーオナホを想像するが、更にパーツ単位でリアル感を追求したという位置付けにこの製品はなっているようだ。「REAL BODY」というシリーズ名がリアルなおもちゃとしてのブランドとして機能している。また「PRODUCED BY WILDONEオナホ館」の文字も確認出来るが、こちらはユーザの声を取り入れた高性能製品のようなブランドとして機能するのではないかと思っている。

【参考リンク】:リアルボディ +3Dボーンシステム特集ページ


リアルボディ極生乳

取材協力:AVRS事務局(http://avrs.jp/)

AVRS他の記事

  • What is AVRS (AVRS記事まとめ)
  • カスタムメイドVRはやはりいい。ゴーグルセットが早く欲しい(AVRS)
  • 踏まれたいVR、ハラウエプロジェクト趣味半分でレポ(AVRS)
  • SSI JAPANブース、VRに活用出来そうな製品色々(AVRS)
  • 会いに行けるVR!「MAN-ZOKU VR」を体験してみた(AVRS)
  • SSI JAPAN「Real Body極生乳」は玄人浪漫(AVRS)
  • 「自立支援センターむく」による真面目で楽しいVR活用(AVRS)
  • リアルボディ+3Dボーンシステムちゃいドル二階堂りおに日本製版が登場(AVRS)
  • ホットパワーズはアシハエタ+ARの切り口で疑似体験を考案中?(AVRS)
  • TMA、きみと歩実さんとリアルタイムVR体験、VR技術たのしー(AVRS)
  • イベント他の記事

  • リアルな巫女さんがお出迎え、SSI JAPANブースレポ(フェチフェス13)
  • 本格的職人手作りから初心者向け入門セットまでメルシーブースSMグッズ色々(フェチフェス13)
  • ヒゲアブラーさん全身タイツ姿で信長書店をアピール(フェチフェス13)
  • トイズハートブースで若月まりあさんに縛って貰った(フェチフェス13)
  • XCREAMブースで楽しむTMAのVR(フェチフェス13)
  • 縛って欲しい故に、ぴゅあコレ(中野)に行ってきた
  • トイズハート初「オナホ座談会」参加者募集中、18日まで
  • SSI JAPAN WFブースレポ、人気製品&発売予定情報編
  • パロ製品がずらり並ぶ、チクワークZワンフェスブースレポ
  • リアルボディの存在感が際立っていた、SSI JAPAN初参加ブースレポ
  • 2018年6月

              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8