BLUE FLAME海鳴、天翔 一気に二つ比較レビュー

901.jpg

 BLUE FLAMEには現在「BLUE FLAME海鳴」「BLUE FLAME天翔」の二種類があり、「興味はあるけどどちらを買えばいいのだろう?」という疑問が多いのではないだろうか?そこで今回はこの二種類を一気に比較レビューしてみる。



901.jpg

 両者外観、フレームに違いはない。濃い青色の方が「BLUE FLAME海鳴」、水色のものが「BLUE FLAME天翔」だ。異なるのは透明素材の柔らかさと内部構造、「BLUE FLAME海鳴」がやや固く、「BLUE FLAME天翔」は柔らかい。

902.jpg

 横から見ても骨格配置は同じだ。

903.jpg

 今回は条件を同等とする為、先日もレビューで使用した「オナホマジック」で両方を挟んで交互に使用してみた。かかる空気圧は同等なので公平な判断が出来ると思う。

904.jpg

 ちなみに公式のPOPはこんな感じだ。POPでは両者高い次元で柔らかく僅差という感じだが、実際素材を触ってみると「BLUE FLAME海鳴」がノーマル、「BLUE FLAME天翔」がソフト位はっきり異なるレベルで違う。また内部構造の違いについては、骨の感触の差異の方が大きく違いを感じる余裕はなかった。

 それでは使ってみた感想を書いてみようと思う。両者共に言えることは骨格によるしっかりした新たな刺激が楽しめるオナホということ。またこの表現も実際の感じ方とは少し違うので参考程度で聞いて欲しいが、耳かきの様な物で連続して裏スジを攻められる様な感じだと思ってみると良いかもしれない。

 そして両者の差異だが、素材の柔らかい「BLUE FLAME天翔」の方が骨格の刺激を強く感じ、「BLUE FLAME海鳴」の方が素材が固い分、骨格の刺激が弱まる感じ。素材の柔らかい方が刺激が強いという逆転現象が発生する。

 結論的にはよりBLUE FLAMEらしいのはやはり骨の刺激が結構来る「BLUE FLAME天翔」、「BLUE FLAME海鳴」はBLUE FLAMEらしさを残しつつも少し刺激を抑えた感じそんな雰囲気に感じた。また先日のレビュー通り「オナホマジック」等のエアピロー系との相性も良くこちらとの合わせ技もオススメしたい。


オナホマジック初号機

グッズレビュー他の記事

  • BLUE FLAME海鳴、天翔 一気に二つ比較レビュー
  • ラブファクター「オナホマジック」便利で使いやすい
  • BLUE FLAME海鳴 レビュー1(外観編)
  • BLUE FRAME + エアピロー、なかなか気持ちよい
  • G-Mode HOLEは「小さい」に特化したラブドール用設計オナホ
  • 「姉妹汁-JUICY SISTERS- 次女」レビュー、シンプルに気持ちよい
  • 対魔忍さくら 影遁の術ホールレビュー、P×P×Pの本気を見た
  • ホッパの75K円TPEドールをお迎え目線で見てきた
  • 対魔忍紫 不死覚醒ホールレビュー、造型にこだわりを感じる一品
  • maccos japan「コックフィット(Cock Fit)もこもこドット」緩い刺激がいい
  • 2017年10月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8