エムズ秋葉原リニューアル記念、2005年頃のエムズ秋葉原店

401.jpg

 前回の記事でエムズ秋葉原店リニューアルの一報をお伝えしたが、今回のリニューアルを記念して2005年頃のエムズ店舗の様子を紹介したい。なお2006年1月には薄緑を基調とした最近までの姿にリニューアルされている。



407.jpg

 駅側から見た店舗風景。まだ「大人のコンビニ」だ。薄緑色にリニューアルされた時にデパートに「昇格」した。

402.jpg

 開店前の店頭。奥にあるTU-KAの看板が時代を感じさせる。左手前の標識に「路線バスを除く」の文字があるが、当時はバスがこの前を通り本当の駅前まで乗り入れていた。

403.jpg

 南方の通り側も今と雰囲気はだいぶ異なる。ポスターがベタベタ張っているようだが・・・。

404.jpg

 当時はこんな感じになっていた。5Fコスチュームコーナがリニューアルと書かれているが、この時期位を境にコスチュームも可愛い雰囲気になったり充実していったのではないだろうか。

401.jpg

 店頭の什器。奥に斜めの手すりが見えるので、現在はモニターが設置されている階段横はガラス張りだったと思う。

405.jpg

 当時は何かも分からず、撮影していたと思う。

406.jpg

 やはり当時はアダルトショップ店頭では見かけた「赤ひげ」の看板。フロアガイドも「おもちゃ&グッズ」としか書かれていないので今ほど厳格なフロア割りはしていなかったのかもしれない。しかし地下にDVDというレイアウトは当時からのようだ。

 また別カットの写真は以前の記事にも掲載されているのでそちらもご覧いただければ幸いだ。

2005年、エロタワーがエロタワーじゃなかった頃

 結構写真枚数があるようで「これだ!」というストライクな写真が少ないのは私が当時「ラブドールには興味があるが、アダルトグッズには興味がない」という立ち位置だったからかもしれない。

 実際リニューアルまで店舗に入った記憶はないし今思えば残念な話だが、「エムズが店舗をスタイリッシュに展開しアダルトグッズの敷居を下げたので、私も通うようになり今こうしてこの記事を書いている」と話を締めくくると、今回のリニューアルのお祝いに相応しい記事になるかもしれないと思った。ということでリニューアルおめでとうございます。

よもやま他の記事

  • マジックアイズ「アンリアル ボディ ~UnREAL BODY~」をREALに見える様撮ってみた
  • SSI JAPAN&ニジエ エア・ドリームカバーイラストコンテストの賞金は10万円!!
  • 三和ムック「人造彼女との新しい生活」7/31発売です
  • 女子校生の柔肌の匂いがするオッサンを創る
  • マスク発売記念?エムズでエンジェリックドールが割引中
  • 「二股エアピローカバー」+「おっぱい」+「どこでもプニまんSPDX」
  • maccosが25日で1周年、オナホ合計20名にプレゼントの太っ腹企画開始
  • 貫通オナホをビー玉で非貫通化してみた
  • インサート二股エアピローとラブボディ hinaを合体しM字開脚を再現する
  • 舐められる「日本製リアルボディ+3Dボーンシステム」だから舐められる色素で着色
  • 2018年9月

                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8