「エンジェリックドール」はタマトイズ初のぬいぐるみドール、今月末発売?

401.jpg

 今日ツイッターのTLにタマトイズの新製品が流れてきたが、遂にタマトイズがぬいぐるみドールに参入の様だ。とりあえず一報をお届けする。



401.jpg

 商品のイメージイラストとドール全体の写真。個人的には「マスクのセッティング&撮り方でもっともっと可愛くなるなるんじゃないかな」が一目見ての感想だが、インサートエアピロー等布への印刷経験も豊富なタマトイズの参戦ということもあり、今回の製品そして今後の展開が楽しみなところ。

 今回はタマトイズ初のぬいぐるみドールということで新規参入は市場に活気が出てくるのではないかという期待もある。ポーズも既に多くのラインナップを出している「ふぇありーどーる」と被っていないのが絶妙で良いと思う。またマスクタイプのパイオニアTokyoLibidoに元気が無いので、マスクタイプの良さもこれを機に再認識されるのではないかと思う。

402.jpg

 内容物は他社製品で例えると「ふぇありーどーる」+「えあ☆ますく」みたいな感じの様だ。現在ふぇありーどーるは実売43,000円位、えあ☆ますくは実売3,000円位なのでそのまま足せば価格は約46,000円となる。しかしタマトイズは時々想像より少し安く出してくるので実売は4万円前半になるかもしれないと予想している。

403.jpg

 ぬいぐるみドール初参入のタマトイズなので細かい仕上がりや完成度はどうなの?という不安がある反面、パンツやエアピローカバーの様に毎月「これでもか!」位にマスク、ウィッグ、衣装をリリースしてくる期待もある。特に衣装なども女性用、おとこの娘用と実績あるものを小さくするだけなのでこの辺も期待できそうだ。絵師を大量に抱え、二次元系に強いタマトイズが今回の製品を軸にどう動いてくるのかが楽しみなところだ。

■ ドール専門サイト「キャラドールトランシス」の関連記事

「エンジェリックドール」お迎えレビュー(速報版)

「エンジェリックドール」を「宇佐羽えあ」と比較してみた

エンジェリックドールにふぇありーふぇいすを装着したり、ふぇありーどーると比べたり

「エンジェリックドール」初心者向けマスク装着のコツ

その他可やらドールトランシスによるエンジェリックドールの記事はこちら。


エンジェリックドール(エムズ)
エンジェリックドール(DMM)

製品情報他の記事

  • リアルボディ「持田まゆ」「グラマラスゴシック」が日本製化され20日発売
  • あのインサートエアピローに足が付いて、存在感は等身大級「インサート二股エアピロー」
  • DNA JAPANから新作オナホMilking HOLE紐、捩、粒、輪の四種6/14発売
  • タマトイズ直販ショップ「タマショップ」でエンジェリックドール用衣装の扱いを開始
  • SAKITANさんのリアルラブドール写真集四種、ホットパワーズでも取扱開始
  • 人気の股間観光シリーズ、第四弾はグンマー
  • トイズハート人気の「無口なあの娘」にビッグバージョン登場、発売は22日
  • ホットパワーズの「乾燥用 オナホ立て」
  • ラブビーナス S+まるごと小陰唇、脚を閉じたら結構リアルになった
  • 待望の「NOL GLEPIS」用カップオプション、一気に三種発売
  • 2018年6月

              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8