待望の「NOL GLEPIS」用カップオプション、一気に三種発売

101.jpg

 回転とピストン両方が楽しめる電動オナホとして発売以来人気の「NOL GLEPIS」だが、発売予定だったカップオプションの発売が待ち遠しかったファンも多かったに違いない。しかし今回満を持して三種類が同時発売になった。価格も実売1000円台後半位で手軽に試せそうな価格帯なのがいい。



■ GLEPIS グルピス インナーカップ リップ テンタクル

101.jpg

 一言で言うと「包容するぷるんとしたクチビル」のような快感を再現したカップだ。ぴるんとしたクチビルでやさしく咥え込み、無数の触手で包み込む様な内部構造となっている。

【フロント】

 女性の唇を再現したリップホールは本体の強力吸盤スタンドを壁面に吸着することで女性のフェラをリアルに体感することが可能。

【サイド】

 無数の触手イボが広がり全体をコリコリと刺激する。


GLEPIS グルピス インナーカップ リップ テンタクル

■ GLEPIS グルピス インナーカップ スウィート トライアングル

102.jpg

 一言で言うと「絡み付く様に刺激するヒダトルネード」を体感出来るカップ。回転・ピストンとも刺激を高める三角ヒダのミルフィーユデザインの突起が壁面全面に敷き詰められている。

【フロント】

 ファンの羽の様なヒダヒダがムラ無くジョリジョリと刺激、本体の回転を合わせることでこれまでにない快感が楽しめる。

【サイド】

 上下にピストンすることでヒダがなでる様に絡み付き刺激する。


GLEPIS グルピス インナーカップ スウィート トライアングル

■ GLEPIS グルピス インナーカップ ラフ クロス

103.jpg

一言で言うと「細かく刺激するクロスしたイボ群」の刺激が楽しめるカップ。内壁に交互に敷き詰めたクロスと突き出したドットツブの波状仕様の内部構造となっている。

【フロント】

 奥まで続く細かく密集したイボ群のスパイラルが刺激的で、最深部のイボが最先端部分を激しく刺激する。

【サイド】

 クロスしたイボがゾリゾリと敏感部分を刺激する。


GLEPIS グルピス インナーカップ ラフ クロス

 なお今回紹介したカップを楽しむには本体の購入が必須になる。


NOL GLEPIS(エムズ)
JAPAN-TOYZ NOL GLEPIS(ノール グルピス)(DMM)
NOL GLEPIS(Amazon)

 本体を買うお金がない!「取っ手もホッパッピローくるりん」で楽しめないのか?という人はその組み合わせで是非試してみて欲しい。ちゃんと気持ちよいのか少し気になるw。

製品情報他の記事

  • リアルボディ「持田まゆ」「グラマラスゴシック」が日本製化され20日発売
  • あのインサートエアピローに足が付いて、存在感は等身大級「インサート二股エアピロー」
  • DNA JAPANから新作オナホMilking HOLE紐、捩、粒、輪の四種6/14発売
  • タマトイズ直販ショップ「タマショップ」でエンジェリックドール用衣装の扱いを開始
  • SAKITANさんのリアルラブドール写真集四種、ホットパワーズでも取扱開始
  • 人気の股間観光シリーズ、第四弾はグンマー
  • トイズハート人気の「無口なあの娘」にビッグバージョン登場、発売は22日
  • ホットパワーズの「乾燥用 オナホ立て」
  • ラブビーナス S+まるごと小陰唇、脚を閉じたら結構リアルになった
  • 待望の「NOL GLEPIS」用カップオプション、一気に三種発売
  • 2018年6月

              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8