maccos新作「淫口アイドリップ」は抜ける口内模型?抜いて、眺めてレビュー

101.jpg

 コストパフォーマンスを売りに重量級のオナホをリリースしてきたmaccosが新作「淫口アイドリップ【お口の中は甘噛トゥース!】」を発売した。内部構造写真を見て「リアルだな~」なんて思って手にしてみたが、見た目超リアル、ほぼ口の模型。



101.jpg

 パッケージの中にはオナホ&ローション。これは他の製品と同様だ。綺麗な造形のこの製品だが、ブリスターパッケージ入りなのでちゃんと保管しておけば長持ちする。

 使用感はフェラホールらしく全体的には低刺激でジュポジュポやられている感じ。その単調さを解消するのが、奥半分のオナホ構造という感じだ。逆に手前半分は後述するが、造形が素晴らしい!!そして硬めのシリコンで作られた歯が時々当たる感じがフェラホールらしさを醸し出す。フェラオナホとして十分な性能を持っていると思う。

102.jpg

 ところでこうやって多くのオナホをリリースしているmaccosが今更外したオナホを作ってくるとは思わない訳で、今回は使用感よりこの造形を見て欲しいと思う。「オナホではない、抜くことも出来る口内模型だ。」と言えるほどの作り込みを見て欲しい。

103.jpg

 肌色とピンクの素材の使い分けも美しいが、舌のザラザラ感、舌の下中央に一点口とくっついた部分があるが、ここも忠実に再現されている。上側はヒダを付け自分の口内と比べてみると異なる雰囲気だが、口内がリアルなだけでなく可愛く再現されている。

104.jpg

 歯、歯茎。歯は固めの素材で当たった時のアクセントになる様になっているが、本物の様にガチガチではない。固めのシリコンの様だ。色々分解して等身大ドールのパーツにも使えそうな雰囲気だ。

 「maccos=コスパ重視の大型オナホ」というイメージだったが、今回の「淫口アイドリップ【お口の中は甘噛トゥース!】」使って気持ちよく、眺めてその造形を楽しめるモデルだと思った。とにかく見ていて可愛いのが良い。少し前には手の付いた尻オナホをリリースしたり、造型に拘っているのが個人的には嬉しい。しかもここまで造り込まれていて価格は1000円台中盤とmaccosらしくコスパも忘れていないのがありがたい。

 細かいところまで造り込まれた製品なので見ているだけでも盛り上がるが、さらに拘るなら「発情唾液ローション」などを使ってみるともっと盛り上がるかもしれない。


絶頂バキューム 淫口アイドリップ【お口の中は甘噛トゥース!】(ホットパワーズ)
絶頂バキューム 淫口アイドリップ【お口の中は甘噛トゥース!】(Amazon)

グッズレビュー他の記事

  • maccos新作「淫口アイドリップ」は抜ける口内模型?抜いて、眺めてレビュー
  • インサート二股エアピローカバーレビュー。一緒に添い寝も出来る等身大カバーの存在感
  • インサート二股エアピロー 本体レビュー、ホールポケットはリアルな位置に
  • 「どこでもプニまんSPDX」レビュー、床オナ&オナホいいとこ取りの気持ちよさ
  • maccos「淫惑アデーニョ」二穴味わってみたゾレビュー
  • 「淫惑アデーニョ」個性的艶女系ヒップホールの外観レビュー
  • 「委員長の早熟おっぱい」に思いっきり抜いて貰おう!(抜き視点でのレビュー)
  • 委員長の早熟おっぱい第一報レビュー、ぶっかけ出来る二次元好みのおっぱい
  • 「はめドル!! オナホ ファンサービス」レビュー、付属ローションがいい匂い
  • グルピス インナーカップ スウィート トライアングル、使ってみたレビュー
  • 2018年6月

              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8