「半熟サキュバス サキュエルおっぱいDX」は3.4kgの迫力、キテルキテルWF2018夏ブースレポ

701.jpg

 サキュバスのオリジナルキャラクターでオナホや抱き枕を展開しているキテルキテルは「「キテルキテル」の製品色々」を並べてブース展開していたが、今回一番の目玉はPカップ3.4kgの新製品おっぱい「半熟サキュバス サキュエルおっぱいDXの先行展示、予約だった。



701.jpg

 今回ブース右半分にはキテルキテルがこれまでに発売してきた抱き枕やオナホがイベント特価で並んでいた。勿論人気の「半熟サキュバス外伝 淫魔忍法サキュ手裏剣 超コラボホットパワーズギャップ2層タイプ」の姿も!

※ 「キテルキテル」の製品色々


半熟サキュバス外伝 淫魔忍法サキュ手裏剣 超コラボホットパワーズギャップ2層タイプ

702.jpg

 そして左側には今回ブース一番の目玉である半熟サキュバス サキュエルおっぱいDXの姿が・・・。これは以前発売し現在は製廃になっている「半熟サキュバス サキュエルおっぱい」のDXという位置付けだ。

703.jpg

 今回のおっぱいは何とPカップ、3.4kgという迫力だ。前作の「半熟サキュバス サキュエルおっぱい」は1.7kgだったので重量で丁度2倍の重さとなる。

 ちなみにホットパワーズ人気の「ズリってホッパイ!チチフエタ」は3.0kgなので重量で見ると更に約1割大きいということになる。

704.jpg

 私の手は平均より少し大きいが、揉んでみるとこんな大きさだ。

705.jpg

 そして乳首は別パーツ化されているというのはこのクラスでは既に当たり前の仕様だが、境界がグラデーションになる様工夫されている。いかにも別パーツを付けましたという感じではなく、二次元イラストのグラデーション感を求めたということらしい。

 この状態にするためには二つのパーツを付けてから更に熱処理を施さなければならないが、そうした細かいところまで拘るところがキテルキテルクォリティと言える。

706.jpg

 上から見た写真。乳首は二次元系の綺麗なピンク色でグラデーションも美しい。勿論先っちょの(-)の窪みも勿論再現されている。

 正式な発売は8月頃を予定していて、価格は2万円を切る位の価格となるようだ。また詳細が判明次第ジョークグッズジャーナルでも告知していきたい。


半熟サキュバス サキュエルおっぱいDX

WF2018夏他の記事

  • 「半熟サキュバス サキュエルおっぱいDX」は3.4kgの迫力、キテルキテルWF2018夏ブースレポ
  • 新作「アンリアル ボディ~UnREAL BODY~」もお目見え、マジックアイズWF2018夏ブースレポ
  • サー〇ルもちこさんが「ヴィーナスの丘」を手に、WF2018夏タマトイズブースレポ
  • お帰りホットパワーズ、ネタ度もエラストマー使用量もアップしてWF2018夏参戦
  • かさいあみさんのオリジナル衣装が華を添える、トイズハートWF2018夏ブースレポ
  • イベント他の記事

  • WFトイズハートブース、かさいあみさん自作衣装美術館(2015~2018)
  • 「半熟サキュバス サキュエルおっぱいDX」は3.4kgの迫力、キテルキテルWF2018夏ブースレポ
  • 新作「アンリアル ボディ~UnREAL BODY~」もお目見え、マジックアイズWF2018夏ブースレポ
  • サー〇ルもちこさんが「ヴィーナスの丘」を手に、WF2018夏タマトイズブースレポ
  • お帰りホットパワーズ、ネタ度もエラストマー使用量もアップしてWF2018夏参戦
  • かさいあみさんのオリジナル衣装が華を添える、トイズハートWF2018夏ブースレポ
  • リアルな巫女さんがお出迎え、SSI JAPANブースレポ(フェチフェス13)
  • 本格的職人手作りから初心者向け入門セットまでメルシーブースSMグッズ色々(フェチフェス13)
  • ヒゲアブラーさん全身タイツ姿で信長書店をアピール(フェチフェス13)
  • トイズハートブースで若月まりあさんに縛って貰った(フェチフェス13)
  • 2018年9月

                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8