エンジェリックドールレビュー

100.jpg

 今日は「エンジェリックドール 添い寝Ver.」をレビューしてみたいと思います。従来の「エンジェリックドール」のバリエーションという位置付けで基本寸法は同様となっていますので全オプション完全互換です。



■ 本体全体

100.jpg

 外箱は白い箱にドールをイメージしたプリントが貼られています。箱を開封する時、この可愛いプリントが破れてしまうのが勿体ないところです。なので私はこちら側ではなく裏側から開けました。

107.jpg

 後ろ側から開けたのでお尻が上になっていますが、こんな感じで仁王立ちポーズで中に入っています。下着、ウィッグ、マスク、オナホールなどのオプションは一切入っていません。本当にドール素体だけなのでオプションを用意する必要があります。

101.jpg

 早速箱から取り出してみました。身長110cm程度というと「子供?」と想像されるかもしれませんが、実際はこの様に出るとこ出る、くびれるところくびれているので、大人体型の2/3モデルくらいの感じです。しかしやはり一回り小さい体型は抱っこした時可愛らしさを感じますので大きさ的にはなかなかいいサイズではないかと思います。

104.jpg

 まず前モデルと比べて最初に気付いたのは肌触りが格段に良くなったことでしょうか。前モデルは可もなく、不可もなくの普通の布でしたが、今度の添い寝バージョンはすべすべした感じです。表面の毛が柔らかいので手で擦ると滑るような感じです。添い寝モデルに相応しい肌触りです。

102.jpg

 ボディのディテールはこの様にさっぱりしていますが、不自然に色を付けるよりこの方が個人的には好きです。縫い目を見ると複雑な形の布を組み合わせ、立体を作っているのが分かります。先程書いた通り出るとこ出る、くびれるところくびれている体型です。

103.jpg

 手足はこの様に少しデフォルメされた形状です。しかし可愛らしさをきちんと残しているところが嬉しいところです。個人的には足の造形がとても可愛いと思っています。

 ・「エンジェリックドール 添い寝Ver.」お迎えレビュー(箱の大きさや服を着せたレビュー:キャラドールトランシス)

■ ホールポケット

105.jpg

 肌色部分はしっかりした布なのでほとんど伸びませんが、奥の白い布は良く伸びる布なので、見た目以上に大きなホールも入ります。

106.jpg

 ホールポケットのサイズは深さ約17.5cm内周は約21.5cmです。ホール装着試験の結果はこちらをご覧ください。

 執筆日現在実売20000円前後ですが、価格以上の可愛らしさ、存在感です。今回の添い寝バージョンはマスク、ウィッグ、衣装など一切ありませんので別途オプションを購入する必要があります。しかし自分好みの娘をカスタマイズできる楽しさは格別で、タマトイズらしく作家別マスクなどもありますのでお迎え前にいろいろ検討して、完成した姿を想像するのも楽しいと思います。

 キャラドールトランシスでエンジェリックドールのオプションを紹介したり、カスタマイズ例が記事になっているのでそちらも参考にしてみてください。

■ 主な取扱店


エンジェリックドール 添い寝Ver.(エムズ)
エンジェリックドール 添い寝Ver.(ホットパワーズ)
エンジェリックドール 添い寝Ver.(NLS)

ラブドールレビュー他の記事

  • エンジェリックドールレビュー
  • ラブボディ risaレビュー 手足頭が無い分、実用性では姉妹一!
  • エーワンから新発売の「ヴァーチャエアドル 水野朝陽」、VR動画のダウンロード権まで付いている
  • けものひめ「きつの」に名器東京 ~MEIKI TOKYO~をセットしてみる
  • トイズハート「痴女医」をLOVE VENUS Sにセットして使用してみた
  • エーワン「ふぇありーどーる」にオナホを装着してみよう
  • 2019年1月

        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8