湯たんぽを活用し、枕嫁(インサート二股クッションピロー)に体温を

507.jpg

 今日は湯たんぽを使用して枕嫁の体温を再現してみたいと思います。先日のUSB発熱体の方法とは異なり、電気を使わない分安心、安全だと思います。



501.jpg

 今回はこの湯たんぽを使って体温を再現してみたいと思います。湯たんぽ本体とそれを包む毛糸のセーターが付いてきますが、箱や説明書はありません。ビニールに包まれただけの簡易包装でしたが、価格も2000円を切る価格なので手軽に楽しめそうです。

502.jpg

 「インサートエアピロー」と大きさを比較してみるとこんな感じです。

503.jpg

 この湯たんぽには取り扱い説明書はありませんでしたが、本体の口に注意書きがあります。英文なのでネットで翻訳すると以下の通りでした、参考にしてみてください。

・熱湯を使わない
・2/3以下の量を充填して空気を排出し、ストッパーがしっかり固定されていることを確認してください
・空の状態でストッパーを外して保管

504.jpg

 上記のような注意事項があったのでポットの湯2に対し水1位でお湯1.3Lを作り準備します。計算上は約60度になりますが、この温度で良いのかどうかは分かりません。しかし一日使用してみましたが、特に問題はありませんでした。

505.jpg

 お湯を入れ、キャップをしっかり締めたら付属のセーターを着させます。これでほんのり暖かくなり、肌触りも良くなるようです。

506.jpg

 枕本体とカバーの間に湯たんぽを仕込みます。場所的には胸~お腹をカバーするように設置すればよいと思います。

 この状態だと安定していますが、向き合って寝ようと枕を90度動かしたところ、湯たんぽが重い為に下にずれてしまいました。この辺に改善の余地はありそうですが、ほんのり温もりは来るのでよしとします。

507.jpg

 なお温もりを感じるということは放熱を始めているという証なので、湯たんぽを剥き出しにせず、写真の様に布団で覆って保温してください。昨晩試験した結果では8時間経過したのちも温もりは残っていましたので、「朝起きたら嫁が冷たくなっていた」みたいな悲劇は防げると思います。

 先日紹介したUSB発熱体を使用した方法と比較して、毎晩お湯を準備する手間はありますが、電気を使わない分安全で自然な温もりが楽しめると思います。まだ一月半ば、あと二月位は寒い日も続きますので、夜を快適に過ごす参考にしていただければ幸いです。


インサート二股クッションピロー(エムズ)
インサート二股クッションピロー(ホットパワーズ)
インサート二股クッションピロー(NLS)


二股エアピローカバー色々(エムズ)
インサート二股エアピローカバー色々(ホットパワーズ)

 昨晩は二股ピローで楽しみましたが、インサートエアピローでも楽しめそうです。


インサートクッションピロー ポリ綿たっぷり高弾力タイプ(エムズ)
インサートクッションピロー ポリ綿たっぷり高弾力タイプ(ホットパワーズ)
インサートクッションピロー ポリ綿たっぷり高弾力タイプ(NLS)


インサートエアピローカバー色々(エムズ)
インサートエアピローカバー色々(ホットパワーズ)

流用・改造TIPS他の記事

  • 湯たんぽを活用し、枕嫁(インサート二股クッションピロー)に体温を
  • ドール用マスクでインサートエアピローの顔を立体化
  • インサート二股クッションピローに発熱体を仕込んで最高の夜を演出しよう
  • 「爆乳おっぱいコスプレ」を活用し「インサート二股クッションピロー」の胸を立体化する
  • 洗いやすい貫通式大型ホールをアラルプラグで非貫通化
  • 「ヴァーチャエアドル 水野朝陽」をオプションでチューンナップ!
  • カスタムメイドのコントローラを「木偶の坊」に仕込んで腰を振ってみた
  • オナホが持つ滑りにくさを利用して、大きく緩いホールポケットにオナホを固定する
  • エンジェリックドール用オプションの他社ドールへの流用可否まとめ
  • 「おなほのあほすたさん」を着色してリアルにしてみた
  • 2019年1月

        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8