2015~2016年冬、添い寝向きドール三選

j0.jpg

 11月も下旬に近づき朝晩はかなり寒くなってきた今日この頃。これからの季節、ドールと添い寝するなら暖かいドールの方が身も心も温まる。今回は体感温度が暖かく感じる添い寝向きドールを3つ選んでみた。

j0.jpg

 2014年1月に別サイトで「暖かく感じるドール」という記事を書いていたが、今回はそれを参考にその後の新製品も含めて考えてみたいと思う。結論から言うと添い寝時に暖かく感じるのは「布」に包まれているいわゆるぬいぐるみ系だ。

j1.jpg

 お気に入りナンバーワンは「ふぇありーどーる 「おすわり」のの」だ。「もも」も材質は同じだが、「お座り」状態にすると場所を取らないこともポイントが高い。「もも」での不満をすべて改善したようなクォリティに5万円半ばの価格はコストパフォーマンスも高い。(注:写真の顔はこの様にカスタマイズしています)


ふぇありーどーる 「おすわり」のの

j2.jpg

 そして二番目は「ふぇありーどーる もも」。「のの」に比べ一回り小さく、お座りが出来ない。壁にもたれて座るか、布団で寝て待つタイプだ。しかし115cm程度の小柄なボディは「のの」には無い可愛らしさ。どっちが良い製品という優劣ではなく大きさで選んだほうが満足のいく買い物になると思う。また「もも」は4万円を切る価格というのも魅力だ。(注:写真の顔はこの様にカスタマイズしています)


ふぇありーどーる もも

j3.jpg

 ぬいぐるみはそのコストや工程から3~4万円台となるが、「はめドル!!育成中 EIKA エイカ」もパジャマを着せてあげるとビニールを直接触った冷たさを回避できるのでなかなかいい感じになる。宇佐羽えあも同様だが、同シリーズの「ナコ」は女の子座りなので添い寝すると彼女達の膝で布団が盛り上がってしまうので添い寝出来ないことは無いが、添い寝向きのポーズとはいえないだろう。


はめドル!!育成中 EIKA エイカ

あわせて読みたい