狭穴注意BIG、大きくなって使いやすい狭穴に

1.png

 「狭穴注意BIG 」は当初Amazon限定として販売されていたが、最近実店舗でもちらほら見かけるようになった。一言で言うと「狭穴注意」が大きくなって使いやすくなった製品。



1.png

 「狭穴注意」のロゴは元祖「狭穴注意(レビュー)」の物と同じ。元祖を更に使いやすくした商品といえる。

 参考までに言っておくと「狭穴注意」は昔「こざる」という名で売られていたオナホのリパッケージで「こざる」は当時の「サルベーション」の小さい版というニュアンスだった。

 そうすると「狭穴注意BIG」は「サルベーション」のリパッケージと考えそうだが、結論から言うと全く異なる「狭穴注意」の進化型だ。

2.png

 「狭穴注意」、昔なら「こざる」ファンがこのホールを選ぶ理由として極めて狭い「穴」がある。しかし狭いゆえに入れにくい。 「狭穴注意」のレビューでも触れているが、私は「多分こんなに入れにくいホールは他にはない」と感想を書いている。今回のホールは「すり鉢ゾーン」を設けることによりこの問題を解消している。中には入れ易くなった為「マニアック感が薄れた」という意見もあるが、容易に狭穴を体験できることはプラスだろう。

 構造は写真の通りで狭穴ゾーンが8mm、極狭ゾーンが4mmとなっている。「狭穴注意(レビュー)」が入口径6mmなので極狭ゾーンは更に狭くなっている。

 大型化した分価格も上昇したが、肉厚になったことにより締め付けも期待でき、より狭穴感を楽しめる。入れ易さも含め大きくしたことにより「狭穴注意」がより進化したといえるのではないだろうか。執筆日現在Amazonのレビューでも下半分が無い状態で高評価だ。

狭穴注意BIG 狭穴注意BIG

トイズハート
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トイズハート他の記事

  • 伝説の「ATE2007」(第1回 トイズハート編)
  • 狭穴注意BIG、大きくなって使いやすい狭穴に
  • トイズハート「狭穴注意」レビュー
  • トイハ「回転注意」を格好良く撮ったり、レビューしたり
  • トイズハート「おっぱいまくら」レビュー
  • 製品情報他の記事

  • エーワン エアドール新シリーズ「はめキュン学園」始動
  • 宇佐羽えあ「えあうぃっぐ」に新色「ディープブルー」
  • 加藤紗里が連日話題ですが、オナホが話題に上らない不思議
  • P×P×Pからマジックフェイスの第三弾「カスタム」登場
  • タマトイズはカーフレグランス発売に満足してはいけない
  • BVBNDOLL ラブドール福袋期間限定24,800円
  • リアルボディの完全体「日本製リアルボディ完全体 ちゃいドル二階堂りお」予約開始
  • タマトイズから年末恒例福袋、宝箱など4種類が発売
  • 欠品中なるも、Amazon「えあ★たいつ」のカート開放中、予約は可
  • TECH GIAN 2020年1月号に「リアルエロゲシチュエーション!2」の先行情報が
  • 二次元中心、ラブドールを撮影モデル視点でレビュー&カスタマイズ情報サイト「キャラドールトランシス」

    cat.jpg

    ラブドール別・オナホ適合表

    2020年2月

                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29

    アーカイブ

    Powered by Movable Type 6.0.8

    ラブドールレビュー

    ■ ぬいぐるみ


    はにーどーる もこ


    ふぇありーどーる「おすわり」のの


    エンジェリックドール


    エンジェリックドール添い寝Ver.


    木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型

    ■ TPE


    Banidoll(BVBNDOLL工場直売)アニメ顔風ヘッド

    おすすめショップ

    (当サイト経由売上順)

    アダルトグッズのNLS

    Amazon.co.jp

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています