狭穴注意BIG、大きくなって使いやすい狭穴に

1.png

 「狭穴注意BIG 」は当初Amazon限定として販売されていたが、最近実店舗でもちらほら見かけるようになった。一言で言うと「狭穴注意」が大きくなって使いやすくなった製品。

1.png

 「狭穴注意」のロゴは元祖「狭穴注意(レビュー)」の物と同じ。元祖を更に使いやすくした商品といえる。

 参考までに言っておくと「狭穴注意」は昔「こざる」という名で売られていたオナホのリパッケージで「こざる」は当時の「サルベーション」の小さい版というニュアンスだった。

 そうすると「狭穴注意BIG」は「サルベーション」のリパッケージと考えそうだが、結論から言うと全く異なる「狭穴注意」の進化型だ。

2.png

 「狭穴注意」、昔なら「こざる」ファンがこのホールを選ぶ理由として極めて狭い「穴」がある。しかし狭いゆえに入れにくい。 「狭穴注意」のレビューでも触れているが、私は「多分こんなに入れにくいホールは他にはない」と感想を書いている。今回のホールは「すり鉢ゾーン」を設けることによりこの問題を解消している。中には入れ易くなった為「マニアック感が薄れた」という意見もあるが、容易に狭穴を体験できることはプラスだろう。

 構造は写真の通りで狭穴ゾーンが8mm、極狭ゾーンが4mmとなっている。「狭穴注意(レビュー)」が入口径6mmなので極狭ゾーンは更に狭くなっている。

 大型化した分価格も上昇したが、肉厚になったことにより締め付けも期待でき、より狭穴感を楽しめる。入れ易さも含め大きくしたことにより「狭穴注意」がより進化したといえるのではないだろうか。執筆日現在Amazonのレビューでも下半分が無い状態で高評価だ。

狭穴注意BIG 狭穴注意BIG

トイズハート
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です