TOMAX「ぬいドール」は自分で作るぬいドール

xx1.jpg

 「TOMAX」の「ぬいドール」、写真を見ると一見手足の付いた「LOVE VENUS(ラブ ヴィーナス)」という感じだが、実はこれ自分で好きなものを中に詰め込んでぬいぐるみラブドール(ピロー)を作るというアイデア製品だ。



 「ピローハガー」などの個性的な商品を開発している「TOMAX」が新しく考えたこの商品は自分でぬいぐるみラブドール(ピロー)を作ってしまおうという製品だ。ファスナー付きの外皮のみの販売で「ラブドール用綿」等は別途自分で用意する。

 価格は「LOVE VENUS(ラブ ヴィーナス)」が2万円台に対し綿込みでも7千円でお釣りが来るリーズナブルさ。また完成品のぬいぐるみは汚れた時のクリーニングが課題となるが、「ぬいドール」ならファスナーを開け綿を取り出せば外皮だけを洗濯機で洗える。これはぬいぐるみラブドール(ピロー)の用途を考えれば大きなメリットだろう。

xx2.jpg

 「LOVE VENUS(ラブ ヴィーナス)」と比較して手足がある分より人形っぽい、しかも自分で作るので価格は半分以下。そう書くと「ぬいドール」の方がいいじゃんとなるが、「LOVE VENUS(ラブ ヴィーナス)」はメーカー完成品で仕上がりや完成度は間違いなく高い。完成度を取るか、価格や洗濯出来るメリットを取るかという選択になるだろう。メリットをまとめるとおよそこんな感じになると思う。

・自分で綿(魂)を詰めるという新しいコンセプト

・内部の出し入れが自由なので洗濯も自由

・自分で好きなものを詰めるので骨格のチョイスも自分の用途次第

・綿を詰めるか、ビーズにするか素材によって仕上がりも変わってくる

・5000円を切る価格。「ラブドール用綿」を加えても7千円でおつりが来るリーズナブルさ

・自分で作るをコンセプトにしているので胸にもおっぱい製品を入れるポケットがあったり拡張性がある

xx3.jpg

 中身を詰めていない状態で成人が持つとおよそこんな大きさだ。その他の写真は下のリンクから商品ページを見てみて欲しい。30枚近い写真や動画、漫画などがある。

ぬいドール
ぬいドール

 「ラブドール用綿」の目安は900g程度。

製品情報他の記事

  • エーワン エアドール新シリーズ「はめキュン学園」始動
  • 宇佐羽えあ「えあうぃっぐ」に新色「ディープブルー」
  • 加藤紗里が連日話題ですが、オナホが話題に上らない不思議
  • P×P×Pからマジックフェイスの第三弾「カスタム」登場
  • タマトイズはカーフレグランス発売に満足してはいけない
  • BVBNDOLL ラブドール福袋期間限定24,800円
  • リアルボディの完全体「日本製リアルボディ完全体 ちゃいドル二階堂りお」予約開始
  • タマトイズから年末恒例福袋、宝箱など4種類が発売
  • 欠品中なるも、Amazon「えあ★たいつ」のカート開放中、予約は可
  • TECH GIAN 2020年1月号に「リアルエロゲシチュエーション!2」の先行情報が
  • 二次元中心、ラブドールを撮影モデル視点でレビュー&カスタマイズ情報サイト「キャラドールトランシス」

    cat.jpg

    ラブドール別・オナホ適合表

    2020年2月

                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29

    アーカイブ

    Powered by Movable Type 6.0.8

    ラブドールレビュー

    ■ ぬいぐるみ


    はにーどーる もこ


    ふぇありーどーる「おすわり」のの


    エンジェリックドール


    エンジェリックドール添い寝Ver.


    木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型

    ■ TPE


    Banidoll(BVBNDOLL工場直売)アニメ顔風ヘッド

    おすすめショップ

    (当サイト経由売上順)

    アダルトグッズのNLS

    Amazon.co.jp

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています