ゾンビの体液をイメージした緑のローション

z1.jpg

 ローションは基本無色透明のものだ。しかし中にはマニアックさを狙って処女の血をイメージした赤や尿をイメージした黄色が僅かながら存在した。しかしこれはそんな今までの常識をうち破る色、「Zombie Juice<ゾンビ汁>ローション」はゾンビの体液をイメージした緑色だ。




Zombie Juice<ゾンビ汁>ローション

 緑色に着色されたローションはその粘度と相まってまるでゾンビの体液の様な見た目だ。パッケージのホラーっぽいイラストも雰囲気を盛り上げるのに一役かっている。

 

またゾンビローションには仲間がいてどれも個性的。


Monster colorローション

血の色をしたローションは処女の血をイメージしたローションが過去存在したが、これは処女の血ではない。同じ血の色でも処女の血として売るのと、「真っ赤な血の滴り」を書いて「モンスターカラー」の名称で売るのでは購買層が変わりそうだ。


漆黒のDARK TIME

 黒いローションw!使う時は「ククク・すべてを包み込む漆黒に抱かれてイクがいい。」「漆黒の闇に包まれてイキたいか? さらばくれてやろう、暗黒の快楽を・・」とか言わなければならないらしい・・・w。


Angelic Sperm Whiteローション

 このシリーズでは一番まともに見える白。実体はザーメンローションだが、それっぽくないデザインに仕上がっている。

z2.jpg

 ザーメンではなくアーメン。人間の下半身の欲望とは対局にある様な聖なるイラストがザーメンローションであることをカモフラージュしている。

 透明ローションに比べ使えるシーンは限定されそうだが、シチュエーションに合わせて使えば面白いプレイが出来る個性的なローション達だ。

製品情報他の記事

  • エムズの撮影特価品にくうフェイス&くうヘアー登場
  • タマトイズの新製品「日焼け美少女エアドール」は日焼け跡が斬新
  • エムズから焼肉をイメージしたカップオナホ「肉々苑」10日発売
  • A10ピストンSA、レールポジション式のピストン運動が究極の動き
  • 抱き枕におっぱいを固定する「おっぱい固定用チューブトップ」
  • エーワン エアドール新シリーズ「はめキュン学園」始動
  • 宇佐羽えあ「えあうぃっぐ」に新色「ディープブルー」
  • 加藤紗里が連日話題ですが、オナホが話題に上らない不思議
  • P×P×Pからマジックフェイスの第三弾「カスタム」登場
  • タマトイズはカーフレグランス発売に満足してはいけない
  • 二次元中心、ラブドールを撮影モデル視点でレビュー&カスタマイズ情報サイト「キャラドールトランシス」

    cat.jpg

    ラブドール別・オナホ適合表

    2020年3月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        

    アーカイブ

    Powered by Movable Type 6.0.8

    ラブドールレビュー

    ■ ぬいぐるみ

    (ラブドール・ホールポケット研究所)


    はにーどーる もこ


    ふぇありーどーる「おすわり」のの


    エンジェリックドール


    エンジェリックドール添い寝Ver.


    木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型

    ■ TPE

    (ジョークグッズジャーナル)


    Banidoll(BVBNDOLL工場直売)アニメ顔風ヘッド

    おすすめショップ

    (当サイト経由売上順)

    アダルトグッズのNLS

    Amazon.co.jp

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています