KMPの本気ホール「3Dスキャンしてみた」星美りか&佐倉絆

q1.jpg

 KMPからとんでもないホール「3Dスキャンしてみた 星美りかの尻」「3Dスキャンしてみた 佐倉絆の尻」が発売された。重量10kg超の迫力もさることながら、彼女たちの身体を正確に3Dスキャンしたというこのホールはオナホを越え等身大模型のレベル。買う、買わないは別に「現在の最高の技術」と、写真だけは見てみて欲しい一品。

q1.jpg

 製品は既に競合も多い尻型ホールだが、あの星美りかさん佐倉絆さんの身体を3Dスキャンして作ったというのがKMPらしい、オナホのみならずファンアイテムとしても欲しくなってしまうホールだ。

 星美りかさんのスリーサイズは「83 – 59 – 80 cm」、佐倉絆さんのスリーサイズは「83 – 59 – 84 cm」で佐倉さんの方がお尻が大きいのだが、オナホ重量は星美さん14kg、佐倉さん12kgとなっている。

qh.jpg

3Dスキャンしてみた 星美りかの尻

qs.jpg

3Dスキャンしてみた 佐倉絆の尻

 シワの1本1本までリアルに再現されたリアルな造形、これが3Dスキャンの威力かと感心してしまった。モザイク無しの画像は「3Dスキャンしてみた 星美りかの尻」「3Dスキャンしてみた 佐倉絆の尻」の商品ページに大きい写真で掲載されているので是非見比べてみて欲しい。形状が違って当然なのだが、二人の違いを見比べると改めてその出来映えに驚く。


3Dスキャンしてみた 星美りかの尻


3Dスキャンしてみた 佐倉絆の尻

あわせて読みたい