インサートハグピローを使った睡眠改善

x2.jpg

 睡眠は今日の疲れを癒し、明日への活力を養う大事な時間だ。睡眠の善し悪しが寿命に直結すると言っても過言ではない。そこで今回は睡眠改善をタマトイズの「インサートハグピローシリーズ」を使用して行ってみようと思う。

x1.jpg

 まず寝ている姿というと仰向けを想像する人も多いと思うが、仰向けに寝るといびきや無呼吸症の可能性を増大させると言われている。救急救命でも意識のない人は「回復体位」という横向きの姿勢にするので、横向きの方が気道を確保しやすいというのは事実の様だ。諸説色々あるが、色々調べてみると仰向けより横を向いている方が良いという説が圧倒的に多い。

 そこで横を向いて寝る方が良いというなら「添い寝」という事になるが、今回のお題である「インサートハグピローシリーズ」は抱きしめるのに最適化されたピローなのでお気に入りの娘のカバーを被せれば楽しい夢を見られそうだ。

x2.jpg

 それでは横向きは分かったが、右向きと左向きどちらがいいの?という疑問が湧くかもしれない。これも諸説があり、どちらがいいとは言えないが、基本左向きが臓器への負担が少なく良いようだ。

x3.jpg

 逆に食後の昼寝は右を下の方が消化を助ける為に良いようだ。

 しかし寝る向きに「ハグピロー関係ないじゃん」と思う人もいるだろう、そこでこんな考えをしてみて欲しい。「30分以上汗をかく運動をした方がいい」「ジャンクフードは食べない方がいい」「1週間に一度は休肝日を作った方がいい」など健康に関するアドバイスは山程ある。しかしそれを実行出来ないのもまた人間なのだ。

x4.jpg

 こっちを向いて寝た方がいい、そう言われてもこの様な殺風景なベッドの手すりとカーテンではつい寝る向きなど考えなくなってしまう。

x5.jpg

 しかしこの写真の様な光景が広がればこっちを向いて寝たくなるだろう。まるで腕枕をされた女の子がおっぱいをはだけておねだりしている様な視界が広がる。人間の意志は弱い、それを補う為に「インサートハグピローシリーズ」を活用して健康的な睡眠を摂取しよう。


インサートハグピロー本体

あわせて読みたい