会いに行けるVR!「MAN-ZOKU VR」を体験してみた(AVRS)

401.jpg

 MAN-ZOKUはご存じの通り日本最大級の風俗検索サイトだ。一方でアダルトグッズの通販も手がけているので、「MAN-ZOKU VR」の名前を見た時は「VRの配信業を始めたのかな?」と思ったのだが、VRの配信を行っているのは事実だが、VRが主ではない。そのコンセプトは「会いに行けるVR!」、そんなMANZOKU-VRを今回体験してきた。

401.jpg

 「MAN-ZOKU VR」ではVRの配信を行っているが、その動画が全て無料で見られる。ここが他の動画配信サイトと異なるところで、「MAN-ZOKU VR」のVRは本業の風俗検索サイトの機能を特化させる為のVRなのだ。VR内で動く女の子を見てお店、女の子選びの参考にして欲しいというコンテンツだ。(今回会場でお世話になった左がルミカちゃん、右がゆいちゃん)

402.jpg

 今回は実際にルミカちゃんが出演しているVRを体験させて貰った。私の目の前で踊ったり、近づいてきたりしている動画を今見ているのだが、突然股間に刺激が!VRゴーグルで視界が完全に覆われているのでまるで電波を当てられた様な衝撃だったのだが実は・・・。

403.jpg

 実際ゴーグルの外側はこんな感じだった様だ。種明かしをされれば「な~んだ~!」となるのだが、最初は相当驚いた。しかし電気パッドを当てて機械的に刺激を与えるのと異なり、実際にこの娘が私の反応を確認しながら当ててくれるバイブは本当に気持ちよかった。

 この「相手の反応を見て・・・」ということが今人間に出来てVRに出来ないことの一つだと思うが、VR専門のコンテンツ開発者だとこれを乗り越えようとする。しかし「MAN-ZOKU VR」は違うのだ。「VRで満足出来なければお店へ来てください!いい娘揃っていますよ!!」が「MAN-ZOKU VR」のスタンスなのだ。VRと人間それぞれの長所欠点を知っての割り切りが「MAN-ZOKU VR」にはあった。

404.jpg

 「MAN-ZOKU VR」のホームページはPCで見るとこのような画面が出てくるが、実際にVRを楽しむにはスマホが必要になる。会員登録も会費も一切不要、すぐに始められる「MAN-ZOKU VR」は「会いに行けるVR!」という新しい型のVRコンテンツだ。

取材協力:AVRS事務局(http://avrs.jp/)

あわせて読みたい