「ミニスカっと! 妹のソフトプリーツひらり後ろから突いてみたレビュー

601.jpg

 先日の姉に続いて本日は「ミニスカっと! 妹のソフトプリーツひらり」の使用感レビューを行ってみる。姉より一回り小さいボディだが、二層構造、二穴仕様、スカート姿で突く臨場感は姉譲り。

601.jpg

 パッケージと本体。これにローションが付属する。

600.jpg

 パッケージ裏の内部構造写真。二層構造の二穴仕様で、刺激は前穴の方が強い。

602.jpg 603.jpg
前穴 後穴

 前穴写真は奥の数の子天井部分だ。実際に使ってみるとこの数の子より手前のヒダの刺激の方が主張が強く感じた。また後穴は刺激が少なく柔らかく気持ちよいものに包まれているような感じだった。

605.jpg

 上から押さえつけると感触も変わる。

604.jpg

 スカートを突いている背徳感あるビジュアルは姉譲り!!

 この業界のお約束で姉は緩め、妹はキツめというのはこのシリーズも定石通りでこの娘も姉に比べキツめの設定になっている。しかし前穴、後ろ穴とも刺激は弱めで、ざっくり言うと刺激でいかす姉、締め付けでいかす妹という感じだ。

 どちらも共通して言えるのはお手軽にスカート姿を後ろから突くことが出来るオナホというコンセプトだが、使用感は上記の通りの違いがあるし、重さや価格にも違いが出てくる。レビューを参考に気になった娘を選んで突いていただければ幸いだ。


ミニスカっと! 妹のソフトプリーツひらり


ミニスカっと! 姉のアンブレラプリーツふわり

あわせて読みたい