NOL GLEPISにCycloneX10 カスタムカップを換装してみた

501.jpg

 「NOL GLEPIS」は将来メーカーでも付け替え用オナホの販売を予定しているが、待ちきれない私は「CycloneX10 カスタムカップ」を装着してみた。しかしメーカーはカップの交換は勿論、ローションも指定の物を使用する様求めているので真似しないように。失敗してもすべて自己責任だ。



501.jpg

 初めて見た時から「NOL GLEPIS」は「CycloneX10」に似ているなと思っていたが、先日「CycloneX10 カスタムカップ」を当ててみたところほぼ同寸法だった。

502.jpg

 左が「NOL GLEPIS」用のカップ、右が「CycloneX10 カスタムカップ」だ。

503.jpg

 「CycloneX10 カスタムカップ」を分解し、シリコン部品を取り出す。引っ付いている場合もあるが、基本分解洗浄できる構造なので丁寧に剥がして取り出そう。

504.jpg

 取り出したシリコン部品を「NOL GLEPIS」用のカップに装着する。洗浄後の組み立てもそうだが、赤矢印部の「耳」は全周丁寧にはめよう。

505.jpg

 「NOL GLEPIS」用のカップの留め具を装着して完成だ。イメージとしてはシリコン部品だけを交換する感じになる。

506.jpg

 本体に装着。特に問題なく使用できた。

507.jpg

 余談だが、「サイクロン50用カスタムカップ」の上部留め具も口径はほぼ同じ。シリコン部品も普通に装着できた。

 冒頭書いたようにメーカーは他社のカップ使用を禁止しているのは勿論、ローションも専用品を使用する様求めている厳格な製品なのでこうした他社製品の流用は全て自己責任だ。換装を実施するときはあくまでも自己責任でお願いしたい。各メーカーさんもジョークグッズジャーナルも一切責任は取れない。「エスパー伊東が舌で扇風機を止めているのを真似て失敗しても自己責任」なのと同じ位に考えて貰えれば幸いだ。


NOL GLEPIS(エムズ)
JAPAN-TOYZ NOL GLEPIS(ノール グルピス)(DMM)
NOL GLEPIS(Amazon)


CycloneX10 カスタムカップ

よもやま他の記事

  • ホパウドファンディング「お尻を作りたい」では現在形状の要望を募集中
  • ジョークグッズジャーナル更新停滞のお詫び
  • 「ラブドール・ホールポケット研究所」について
  • 市場にマスクが無い?パンティーマスクならまだある!
  • リアルボディ完全体 二階堂りおの足裏ボルトは有り?無し?
  • ラブドール ✕ TENGA
  • アダルトグッズのラブドール界隈、一年を振り返って
  • クッションドール&ピローの世界への誘い
  • お部屋をクリスマスらしい雰囲気にしましょう
  • エーワンぬいぐるみドールの歴史
  • 二次元中心、ラブドールを撮影モデル視点でレビュー&カスタマイズ情報サイト「キャラドールトランシス」

    cat.jpg

    ラブドール別・オナホ適合表

    2020年3月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        

    アーカイブ

    Powered by Movable Type 6.0.8

    ラブドールレビュー

    ■ ぬいぐるみ

    (ラブドール・ホールポケット研究所)


    はにーどーる もこ


    ふぇありーどーる「おすわり」のの


    エンジェリックドール


    エンジェリックドール添い寝Ver.


    木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型

    ■ TPE

    (ジョークグッズジャーナル)


    Banidoll(BVBNDOLL工場直売)アニメ顔風ヘッド

    おすすめショップ

    (当サイト経由売上順)

    アダルトグッズのNLS

    Amazon.co.jp

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています