ホットパワーズの異世界への挿入シリーズは今日現在5種類(まとめ)

600.jpg

 先日「異世界への挿入シリーズ3 トリー」のレビューをしてみたが、異世界感が面白かったのでホットパワーズの異世界への挿入シリーズをまとめてみた。異世界の挿入シリーズは現在5種類ある。



 元々オナホは気持ち良さを追求するベクトルはいかに人間の膣に近づけるかが目標だったと思う。しかし最近は各社とも「人間の膣が一番という訳ではないだろう」と様々な内部構造が試されているのは皆さんもご承知のところだと思うが、この「異世界への挿入シリーズ」もそのようなコンセプトで生まれたオナホだ。

 人間の膣という縛りが無い中で気持ちよさを最大限に追求したものが異世界の挿入シリーズといえるだろう。

 現在内部構造はアージン、ドヴァー、トリーの三種類があり、それぞれノーマル、ソフトの素材違いのバリエーションがあるのだが、トリーのソフトはまだ発売となっていないので現在のラインナップは五種類だ。

ノーマル ソフト 内部構造

異世界への挿入シリーズ3 トリー
603.jpg

異世界への挿入シリーズ2 ドヴァー

異世界への挿入シリーズ2 ドヴァー ソフト
602.jpg

異世界への挿入シリーズ1 アジーン

異世界への挿入シリーズ1 アジーン ソフト
601.jpg

 気になる内部構造は

・アージンがねじのような突起が無数に配置されている構造

・トヴァーが絡みつく触手

・ツリーがゴムの輪を亀頭がくぐり抜ける感触

という感じになっている。

 私は「異世界への挿入シリーズ3 トリー」を試してみたが、やはりホットパワーズいい感じだった。詳細はレビューを見て欲しいが、他にも気になった内部構造があったら製品ページを見て貰うともっと詳細に解説している。

ノーマル ソフト 内部構造

異世界への挿入シリーズ3 トリー
603.jpg

異世界への挿入シリーズ2 ドヴァー

異世界への挿入シリーズ2 ドヴァー ソフト
602.jpg

異世界への挿入シリーズ1 アジーン

異世界への挿入シリーズ1 アジーン ソフト
601.jpg

製品情報他の記事

  • エムズの撮影特価品にくうフェイス&くうヘアー登場
  • タマトイズの新製品「日焼け美少女エアドール」は日焼け跡が斬新
  • エムズから焼肉をイメージしたカップオナホ「肉々苑」10日発売
  • A10ピストンSA、レールポジション式のピストン運動が究極の動き
  • 抱き枕におっぱいを固定する「おっぱい固定用チューブトップ」
  • エーワン エアドール新シリーズ「はめキュン学園」始動
  • 宇佐羽えあ「えあうぃっぐ」に新色「ディープブルー」
  • 加藤紗里が連日話題ですが、オナホが話題に上らない不思議
  • P×P×Pからマジックフェイスの第三弾「カスタム」登場
  • タマトイズはカーフレグランス発売に満足してはいけない
  • 二次元中心、ラブドールを撮影モデル視点でレビュー&カスタマイズ情報サイト「キャラドールトランシス」

    cat.jpg

    ラブドール別・オナホ適合表

    2020年3月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        

    アーカイブ

    Powered by Movable Type 6.0.8

    ラブドールレビュー

    ■ ぬいぐるみ

    (ラブドール・ホールポケット研究所)


    はにーどーる もこ


    ふぇありーどーる「おすわり」のの


    エンジェリックドール


    エンジェリックドール添い寝Ver.


    木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型

    ■ TPE

    (ジョークグッズジャーナル)


    Banidoll(BVBNDOLL工場直売)アニメ顔風ヘッド

    おすすめショップ

    (当サイト経由売上順)

    アダルトグッズのNLS

    Amazon.co.jp

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています