ふぇありーどーる 「おすわり」のの レビュー。完成度の高さはシリーズ一

202.jpg

 今日はぬいぐるみドールの「ふぇありーどーる 「おすわり」のの」のレビューをしたいと思います。ラブドールを数多く手掛けるエーワンのふぇありーどーるシリーズの中でも一番完成度が高く、バランスの取れたモデルだと個人的に思います。

■ 梱包

201.jpg

 製品は製品写真通りのお座りポーズのまま段ボールに入っていますので、箱の大きさはこれ位になります。後ろのシルエットは身長約150cmの女性とお考え下さい。箱は大きいですが中はぬいぐるみなので、重さは2kg未満と片手で持ち上げられる重さです。この軽さが後々一緒に過ごし毎日動かすパートナーとして考えた場合の大きなメリットだと思います。

202.jpg

 上蓋を開けるとこの様に体育座りした状態で座っています。付属のキャミソールは着た状態ですが、ウィッグは装着されていません。

■ 本体全体

203.jpg

 箱から取り出してみました。付属のキャミソールを着た本体とウィッグ、コピー紙一枚の取り扱い説明書が同梱されています。

204.jpg

 キャミソールを脱がしてヌード状態で造形を見ています。布を巧みな曲線でカットして作り上げた人型のぬいぐるみ、「ラブヴィーナス」や「ふぇありーどーる もも」も凄いと思いましたが、この娘も高いクォリティを保っています。

 そして大きさから「ラブヴィーナスの手足を延長したもの?」と考えられそうですが、「おすわり」ポーズの娘の為の新規設計です。肩の関節を見比べてみるとラブヴィーナスは固いですが、「おすわり」ののは折り目が付き自由に腕を動かせるようになっています。

205.jpg

 横から。この様な体育座りで自立しますのでベッドの上やお部屋でもお行儀よく帰りを待っています。なお身長は140cm~150cm程度で「ラブボディシリーズ」「はめドル!!シリーズ」の大半のオプション、衣装も使用可なのでカスタマイズする楽しみもあります。

209.jpg

 また組んだ手は解くことも可能ですし、写真の様に寝かせることも可能です。完全な棒状にはなりませんが、関節は柔らかいのでポーズはある程度自由自在、かけ布団一枚被せれば重さで棒状になりますので添い寝も十分に可能です。

206.jpg

 胸と腰。出るとこ出て、くびれるとこくびれたナイスバディ、布の形状と縫製の工夫でこのボディラインを作り出しています。エーワン自慢、国内工場の職人技です。

 なお胸は出ているけど控えめな感じなのでもう少しボリュームアップ&揉み心地をアップするなら「つけぱい」でチューニングすることも可能です。

207.jpg

 手足は一般的なぬいぐるみの表現です。脚は縫製で五指を表現、手は五指が独立しています。体育座り時に組んだ手はこの様に解くことが可能ですが、腕組を確実にする為

210.jpg

 タイプA、タイプBそれぞれの付属ウィッグにオプションの「ドールマスク ふぇありーふぇいす」を装着して撮影した写真です。価格は4000円程度ですが、ドールが可愛く、リアルになるアイテムなのでおススメです。他にも衣装や下着で「ラブボディシリーズ」「はめドル!!シリーズ」の衣装が使えますので手軽にドールのカスタマイズが可能なのもこの娘の良いところの一つです。

■ ホールポケット

208.jpg

 ホールポケットの大きさは奥行約17cm入口の内周は約23cmです。一般的なハンドホールの多くは装着可能です。

211.jpg

 ホールポケットと「はめドル!! オナホ ファンサービス」を装着した写真。エーワンのエアダッチ用は相性が良さそうです。

・ ラブドナホで検証したふぇありーどーる「おすわり」のので楽しめるオナホ色々

 ぬいぐるみならではの軽さ、温もりだけでなく

・衣装などの互換が利くカスタマイズしやすいボディサイズ

・お座りの自立から添い寝まで出来るよく考えられたボディ

・ハンドホールクラスの一般的なオナホなら大半が装着可能なホールポケット

と、このモデルはふぇありーどーるシリーズの中でも私的に特におすすめの娘です。もっと大きなホールを装着したいなら木偶の坊という選択になると思いますが、この大きさ、この価格、更に国内工場で職人が手作りで造っていることを考えるととても良心的な製品だと思います。そして何より佇まいの可愛らしさもきっと気に入ると思います。


ふぇありーどーる 「おすわり」のの(エムズA、B)
他の取扱店:NLS(A)NLS(C)ホットパワーズAmazonなど

※ A、B、Cはウィッグ違いで本体は同一です。

あわせて読みたい