新作リアルボディはロケパイ、パイも穴も二層構造の新規設計(WF2019冬 SSI JAPANブースレポ1)

501.jpg

 私的にSSI JAPANといえば「リアルボディシリーズ」なので、新しいリアルボディのプロトタイプを期待してブースに行ったところ期待以上のものが横たわっていました。パイも穴も二層構造の新規設計です。

501.jpg

 SSI JAPANのブースでお出迎えしてくれたのはコスプレーヤーの無無田さんです。見慣れた感じのリアルボディの様ですが、何か違います。

502.jpg

 今回は人気作家てんけんさんのイラストを基にキャラを起こしたロケパイ娘です。貧乳好きな私ですが、これは個人的に欲しい。

503.jpg

 右がロケパイ娘です。次のリアルボディはロケパイと通常パイの二種類の様です。

510.jpg

 通常パイのを立ててみます。骨格が入ったしっかりしたボディにリアルなボディラインは従来譲りですが、今回は一から新規に見直して開発しているとのこと。ある意味次世代「リアルボディ」とも言えそうです。

504.jpg

 奥のロケパイも手前の通常パイもどちらかというと二次元娘をイメージした形状になっています。で現行リアルボディとの違いが分かりますでしょうか?

505.jpg

 まずは現行品は肌色の一体成型でしたが、乳輪がピンク色の別素材で表現されています。境界の処理などは「リアルボディ極生乳」と同様な雰囲気なのでノウハウが生かされているのだと思います。またおっぱい内部は柔らかい素材の二層構造となっているところも進化です。

506.jpg

また二穴構造は現行同様ですが、両穴とも二層構造になっています。中を確認すると二層構造らしいピンク色の内壁が見られます。アナルも確認しましたがやはり二層構造になっています。現行は単層ですし、片穴二層構造という製品も見ますが、両穴とも二層構造というのはかなり攻めてきたなという印象です。

508.jpg

 ロケパイちゃんの内部構造です。

509.jpg

 こちらは普通パイちゃんの内部構造です。昨年もそうですが、内部構造の型を展示しているのは自信の表れだと思いますが、SSI JAPANの企業姿勢が徹底的に開発に時間をかけてこだわり抜くということもあり製品版の完成も楽しみです。

507.jpg

 パッケージデザインのミニチュアも展示されていました。通常パイが柔らかい乳、ロケパイはその迫力がウリになるようです。重さはそれぞれ7kg、6.5kgと現行品とほぼ同じ重さの様です。

 リアルボディについてはまた情報が入り次第続報をお届けしていきたいと思います。個人的にロケパイがとても気になるので、真剣に情報収集に努めさせていただきます。

あわせて読みたい