「エンジェリックドール エア」レビュー、従来サイズでオプション全使用可のお手頃バージョン

401.jpg

 ポーズや様々なオプションで一つのジャンルを築きつつあるエンジェリックドールシリーズですが、今度はエアドール版の「エンジェリックドールエア」が発売されました。



■ 本体全体

401.jpg

 パッケージデザイン。表情マスクの娘にオプションのセーラー服を着ている感じです。M字開脚の新しいポーズですが、オプションは従来のエンジェリックドールのものすべてが使用できます。

402.jpg

 早速膨らませてみました、ボディは写真の様な形状です。第三弾はエアードールに振ってきたと思ったら人気のM字ポーズです。肌色の生地を使用している為、別途肌色化するためのタイツが不要でその分お財布にも優しい仕様です。

403.jpg

 顔は他のエアドールと異なる剣道のお面の様な形状をしています。また後部には小さな穴がありますが、これは二重構造で必要な穴で空気は抜けませんのでご安心を。

404.jpg

 胸は一応あるけど小さい的なレベルです。

405.jpg

 手足は一般的なエアドールのクォリティです。手の形状はどことなくぬいぐるみ版と似ていて統一性を感じます。

408.jpg

 エンジェリックドールのオプションは全て使用できますので、自分自身の一番気に入ったタイプの娘をカスタマイズすることが可能です。布とビニールという質感の違い、色の違いもある本体とマスクですが、服を着させてしまえば写真の様にあまり気にならなくなります。

■ ホールポケット

406.jpg

 ホールポケットは内周約22cm深さは16.5cm位でした。一般的なハンドホールなら入りそうな感じです。

407.jpg

 同社製の「ゆるマン」(外周約18cm)を装着してみたところ少し余裕があっていい感じに収まりました。小さいボディなので無理に大きなホールを装着して壊すよりこれ位で楽しむ方が長くストレスなく遊べると思います。

 従来のエンジェリックドールはぬいぐるみとしては破格の価格でしたが、それでも本体が約20000円程度の価格でした。しかしエアータイプは実売3000円程度と思われますのでより手軽に楽しめると思います。ユーザーが増え、ニースが細分化されてくるとオプションも増えてくるのではないかと少し期待していたりしますw。


エンジェリックドールエア(エムズ)

ラブドールレビュー他の記事

  • はめキュン学園 胡桃沢玲香 レビュー
  • はめキュン学園 水野芽郁 レビュー
  • はめキュン学園 清野 陽葵 レビュー
  • ふぇありーどーる もも7年目のレビュー
  • タマトイズ「2.5Dガールフレンド」はお好きなコスを着せてプレイできる娘
  • DollHouse168 146cm 愛 レビュー
  • Banidoll(BVBNDOLL工場直売)アニメ顔風ヘッドお迎えレビュー
  • TPEドールをお迎えする前に(二年半同居してきて思ったこと色々)
  • はにーどーる もこレビュー、顔付きと脚の回転機構が新しい
  • 「はめドル!!育成中 パイン」レビュー
  • 二次元中心、ラブドールを撮影モデル視点でレビュー&カスタマイズ情報サイト「キャラドールトランシス」

    cat.jpg

    ラブドール別・オナホ適合表

    2020年3月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        

    アーカイブ

    Powered by Movable Type 6.0.8

    ラブドールレビュー

    ■ ぬいぐるみ

    (ラブドール・ホールポケット研究所)


    はにーどーる もこ


    ふぇありーどーる「おすわり」のの


    エンジェリックドール


    エンジェリックドール添い寝Ver.


    木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型

    ■ TPE

    (ジョークグッズジャーナル)


    Banidoll(BVBNDOLL工場直売)アニメ顔風ヘッド

    おすすめショップ

    (当サイト経由売上順)

    アダルトグッズのNLS

    Amazon.co.jp

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています