WF2019夏SSI JAPANブースレポ(リアルボディ編)

501.jpg

 SSI JAPANの代表作といえばリアルボディがあると思いますが、今回も実際商品を触ってみる「お触り体験コーナ」があり、多くの方がそのリアルさを体験していました。ジョークグッズジャーナルも持っていますが、改めて会場で触りながら色々レポートしてみたいと思います。

501.jpg

 今回トルソーでは「リアルボディ 魅惑のロケぱい アーニャ・キリヤン」「リアルボディ 魔性のやわちち マリア=ノルダール」が展示されていました。私はアーニャ推しなのですが、今一番人気のある娘は「リアルボディ 魔性のやわちち マリア=ノルダール」の様です。

502.jpg

 会場ではこの様な薄手ビニール袋を貸してもらえましたのでお触りに挑戦です。柔らかさに驚く男性、自分の感触と比較する女性など反応は十人十色です。

【ジョークグッズジャーナルによるアーニャレビュー】

503.jpg

 ところで「SSI JAPAN女子広報部」さんとリアルボディでのタピオカチャレンジについて語ったのですが、やはり「リアルボディ 魅惑のロケぱい アーニャ・キリヤン」が一番有利だそうです。私はアーニャしか持っていないので「出来た!」位の感想でしたが、色々試してみた広報の方曰く「タピオカチャレンジするならアーニャ」だそうです。

・ リアルボディでタピオカチャレンジ(ジョークグッズジャーナルのチャレンジ)

504.jpg

 そしてリアルボディといえば「極生乳」シリーズの存在も忘れてはいけません。「リアルボディ極生乳 ∞ -infinity-」が「リアルボディ極生乳(新パッケージ)」のイラストともに展示されていました。しかしこのイラストのディスプレイ凄く良いですね。「防水加工して売ればいいのに!」と思う位です。発想を変えて透明ビニールに印刷してここに紹介した様な「3D美尻」みたいな製品にしても良いかもしれません。

505.jpg

 実際お触りさせて貰うと単にテーブルの上に置かれているだけよりドキドキします。このディスプレイは素晴らしいと思います!

506.jpg

 ところでトルソーにはおっぱいも付いているので「トルソーを買えばおっぱいは要らない?」と疑問に思う方も居るかもしれませんので揉んでいる写真を比較してみます。やはりおっぱいの迫力では単体「極生乳」の方に軍配が上がります。全体を楽しむか、おっぱい一極集中かという感じだと思います。

 やはりこの手の製品になるとエラストマーを大量に使用するため高額になりますし、実店舗でも見本として触れられるケースは殆どありません(除く、ワイルドワン新橋グッズ館)。イベントでこうして触る機会が増えるとその感触、造型のリアルさに興味を持つ方も増えるのではないかと思います。

あわせて読みたい