YUIRA plus New Standard レビュー

301.jpg

 今日はKMPの新しいカップオナホ「YUIRA plus New Standard ユイラ プラス ニュースタンダード」をレビューしてみたいと思います。



301.jpg

 形状はYUIRAらしい砲弾型ですが、パッケージは今回の3モデル用のリニューアルされたものになります。また他のカップオナホ同様、頭頂部にあるバキューム調整弁はシールで塞がれています。

302.jpg

 使用時にはキャップを外しますので、キャップを除いた長さを計測すると全長は約17cmです。またカップの最太部の外周は約21.5cmになります。そして挿入口側の高さは約6.5cmです。

303.jpg

 そしてこの「YUIRA plus New Standard ユイラ プラス ニュースタンダード」は非使い捨てであることが特徴です。カップオナホには使い捨て前提でローション注入済のものもありますが、このオナホは自分で注ぐ必要があります。

 そして洗浄の為の分解、再組み立てですが、これはオナホの首部分がカップ口のリングに引っかかっているだけなので非常に簡単です。洗浄&乾燥後キャップを締めておけば埃も入らず清潔に収納可能です。

307.jpg

 内部構造はこの様な感じとなっています。なおラブドールなどにこの内部だけを使用する場合は、外周を測ってみたところ約18cmでした。

306.jpg

 そして奥側に埋め込まれている赤い物体はネットでこれによりさらなる締め付けを実現している様です。また今回のスタンダードの他にハード、マックスハードも用意されていますが、それぞれに内部構造も最適化されています。

305.jpg

 また刺激に変化を与えるためのギミックもあります。カップに丸いボツボツがうっすらと見えますが、ここを押すと写真のように内部の突起がオナホを押さえつけ刺激に変化をもたせられます。

 ところでスタンダード、ハード、マックスハードとありますが、とりあえずというならスタンダードが良いかと思います。スタンダードでも刺激は強めなので、特にハード系が好みでなければスタンダードが良いかと思います。

オナホールレビュー他の記事

  • YUIRA plus New Standard レビュー
  • 「はめキュンオナホ ひみつの放課後」レビュー
  • タマトイズ「リアルエロゲシチュエーション! H×3 天咲彩愛」レビュー、キャラが動画でHに動く!
  • 「錬金術師のオナホアトリエ」レビュー、3つのパートに分けられた内部構造
  • TENGA FLIP ORB オレンジクラッシュ レビュー
  • 「ダブルフェラ魔チオ」レビュー個人的にこれはかなり推したい
  • 「ぐちょ濡れ名器MONSTER 覚醒~CRYSTAL HARD~」レビュー 高刺激系二層構造
  • 「オナホの深層からごきげんよう。」レビュー DWUの髪は案外高刺激で実用的
  • 「まるごと大陰唇 頂」レビュー、ぬいぐるみドールにピッタリの見た目
  • ヴァギナフィッターズ、ネーミング通りフィットする!
  • 二次元中心、ラブドールを撮影モデル視点でレビュー&カスタマイズ情報サイト「キャラドールトランシス」

    cat.jpg

    ラブドール別・オナホ適合表

    2020年3月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        

    アーカイブ

    Powered by Movable Type 6.0.8

    ラブドールレビュー

    ■ ぬいぐるみ

    (ラブドール・ホールポケット研究所)


    はにーどーる もこ


    ふぇありーどーる「おすわり」のの


    エンジェリックドール


    エンジェリックドール添い寝Ver.


    木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型

    ■ TPE

    (ジョークグッズジャーナル)


    Banidoll(BVBNDOLL工場直売)アニメ顔風ヘッド

    おすすめショップ

    (当サイト経由売上順)

    アダルトグッズのNLS

    Amazon.co.jp

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています