新作「TENGA AERO」はバキュームや締め付けを10段階で調整

 TENGAから新しいタイプのオナホール「TENGA AERO」が発売されました。TENGAカップというとバキュームというイメージですが、このバキュームや締め付けを10段階のダイヤルで調整出来るものです。

 それではこの製品について解説していきたいと思います。なかなかゴツいデザインですが、電気は使用しません。つまり電動ではありません。

 カップオナホですと頂上部の小さな穴を指先で開閉してバキューム感を調整しますが、この「TENGA AERO」シリーズは胴体中央部にあるダイアルを調整することによって10段階にバキュームや締め付けを調整することが可能です。ダイヤルできっちり空気量を固定出来、指先で微妙に調整したりする必要はありませんのでストロークに集中することが可能になります。

 今回はシルバーリング、コバルトリングという二つのラインナップが出ていますが違いはインナーの内部構造で、シルバーリングはスクリュー構造、コバルトリングはパイル構造となっています。

 インナーゲル(柔らかいオナホ部)は本体から取り外し可能で洗浄して清潔に保つことが可能です。また乾かす際のスタンド等のギミックなどもTENGAらしくよく考えられていてメンテナンス性能も上々です。

 使い捨てのカップとはコンセプトも異なりますので単純比較は出来ませんが、バキューム調整に気を遣わず使えてカップ5本分程度の価格、洗って使えばそれ以上使えますから価格的にもリーズナブルだと思います。

 公式の動画も是非ご覧ください。バキュームダイヤルを回すことによりストロークの感触に差が出て来ているのが良く分かります。

あわせて読みたい