日本の名器 君島みおをクッションで挟んで腰を振ってみた

 670gのオナホをおなクッションで固定して使ってみたところ想像以上に気持ちよかったので、もうクッションで腰振りに病み付き状態ですが今度は少し前にレビューした「日本の名器 君島みお」を「おなクッション」で挟んで使ってみたいと思います。こちらも580gのオナホですからなかなかの重さ、肉厚加減です。

 こうした500g~1kg未満の超肉厚系ハンドオナホは500g以下の一般的なハンドオナホと比較して明らかに違う肉厚感、締りを体感できますが、一方それなりに重い訳です。また直径も太くなりますから自ずと握りにくくなります。

 クッションを使うことによりこうした重い、持ちにくいといった不満を解消し、行為に集中することが出来ます。今回の「日本の名器 君島みお」の場合、人型をしており腰のくびれ等がある為握りにくいということはありませんでしたが、やはり重さを気にせず腰振りで感触を楽しめるというのは大きいです。

 前回のPOCHA MAXと比べ直径も細いですからタオルの厚みも増してしっかり固定します。タオルの巻き加減で細いオナホから極太オナホまで何でも固定できるというのが「おなクッション」のメリットでもあります。

 元々この様なクッションは腰振りプレイが出来ると同時に、細いオナホでも肉厚感がプラスされるというのがコンセプトでした。しかし極太の肉厚感たっぷりのオナホを固定しても手で握るのと感触は異なりますので、また違ったオナホの味わいを楽しむことが出来ます

 前回単体レビューではワインディングのゴツゴツした感じを主に感じ、内部に設けられたヒダはあまり主張しない様に感じましたが、今回クッションで挟みますと手とは圧迫加減が変わりますのでこのヒダが主張してきて逆にコブのゴツゴツはあまり感じなくなりました。

 オナホの好みは千差万別なのでどちらが良くなったは人によって評価が分かれると思いますが、少なくともオナホは全く別物になりますのでここら辺は面白いところです。勿論タオルの巻き加減を調節してもっと緩くしたり、もっと締め付けるとまた感触が変わってくることは容易に想像できます。

 しかし人気AV女優の中をダイナミックに腰を振って楽しめるのはやはりクッション固定ならではです。

 しかし前回単体レビューでも書きましたが、付属の匂い付きローションは素晴らしくいいですね。注ぐ時ほのかに香る感じ、発射して竿を抜いた時にも僅かに香ってきます。権利関係などで単体販売は難しいのかもしれませんが、単体販売して欲しい位良い香りです。


日本の名器 君島みお(ワイルドワン)
他の取扱店:エムズM-ZAKKAAmazonなど


おなクッション

あわせて読みたい