SOD BASARA THE FUSION TSUBU × IBO レビュー

 SODの新しいオナホ「SOD BASARA THE FUSION TSUBU × IBO ザ フュージョン ツブ×イボ」をレビューしてみたいと思います。クリアオナホにプラパーツを挿入して使う新しいタイプのオナホです。

 オナホは透明素材で硬さは±0です。中には無数のツブが散りばめられた内部構造になっています。造型のエロさを排してクリア素材とカラープレートでまとめるスタイリッシュなデザインは買う側の敷居を下げて、より裾野を広げる戦略としてもアリだと思います。個人的にはパッケージもなかな格好良くて気に入っているデザインです。

 そしてこちらが後入れプレートと呼ばれるプレートです。ヒダとイボがそれぞれ2枚ずつ入っています。こちらは本当に硬いプラ板という感じですこのプレートでガッチリ上下から押さえて刺激をアップしようという寸法です。

 まずはプレートを入れて早速2種類の違いを比べてみましょう。勿論プラ板そのもので竿を擦ったら痛いですが、ツブツブが施された内部が間に入りますので、手や指で刺激に緩急をつけるのに役割が似ていると思います。

 商品説明では青いプレートは刺激をランダムに増幅させる「イボイボプレート」、黒色が裏スジを強力に刺激する「ウラスジプレート」と名付けられています。

 黒いヒダのプレートは特に効き、ゾリゾリヒダでやられるような高刺激なオナホに変化します。一方イボはウラスジに比べて刺激が柔らかめでつぶの刺激を増幅するのに一役買っている感じです。私的にはプレートを入れ替えることにより中程度の刺激のオナホと高刺激のオナホ2本を買ったような感じを受けました。

 こちらのプレートは同じものを2枚入れても良いですし、写真の様に上下で異なるプレートを1枚ずつ入れて回転させて変化を楽しむというのもアリです。この辺は好みで、あるいはその日の気分でカスタマイズ出来るのが面白いところです。

 更に言うとプレートをプレートを入れない選択もあります。試しにやってみましたが、ツブ内壁の普通に柔らかいハンドオナホです。刺激はブースター要素が排除されていますのでかなり大人しい感じです。

 またヒダやコブをプレートで表現していますのでプレートを外すと内部はストレートで広くなりますので、内部が見える透明素材と相まって洗浄は比較的楽です。複雑なワインディングなどと比べると水切りも楽です。しかし洗浄するとプレート穴にも水が入ってしまいますので3つの穴の水分除去が必要になります。

 オナホの内部に異物を入れて刺激を増幅させるという発想はTENGA FLIP ORBのやG PROJECTでも使われていましたが、これを「プレートにして交換可能にする」という発想は新たに進化したと言えるのではないでしょうか。

 プレートを付け替えた感触の違いは明確で「変わった!」が体感出来るので満足感が高いと思います。そして気持ち良さも万人向きで分かりやすいですし、洗浄の簡単さなども扱い易くて良いと思いました。しかし私的にはプレートを差し替えて感触を変化させるというカスタマイズ感がお気に入りな1本です。

オナホの気持ち良さ・・・★★★★

システムの独創性・・・★★★★★

カスタマイズのワクワク感・・・★★★★★

コストパフォーマンス・・・★★★★

総合満足度・・・ ★★★★★

■ オナホスペック表

外周 長さ 重さ 硬さ
21cm 14cm 254g ±0

 今回は「SOD BASARA THE FUSION TSUBU × IBO ザ フュージョン ツブ×イボ」をレビューしましたが、姉妹製品で「SOD BASARA THE FUSION ZORI × GIZA ザ フュージョン ゾリ×ギザ」もあります。

あわせて読みたい