淫蕩魔女の搾精玩具の内部構造を本気で撮影してみた

 「内部構造を本気で撮影する」ということをあまり考えていなかったのですが、内部構造を美しく撮影出来ればオナホの雰囲気もより伝わるのではないかと思い早速チャレンジしてみました。第一弾は先日レビューしたCOOLPの「淫蕩魔女の搾精玩具」です。

 入口から見たビュー。上側にはヒダをあしらったコブ、下側は目が細かく不規則なヒダがあしらわれています。挿入口の口の形から便宜上「上側」、「下側」と呼んでいますが、オナホを180度動かせばコブを下にすることも可能です、つまりお好みの場所でコブを使用できます。

 不規則なヒダは腸壁の様です。

 そしてこのオナホならではの感触をもたらす舌ギミックも感触重視見た目は二の次ですので独特の形状です。舌の先っちょが尿道入口の敏感な部分に当たるとやばい感触をもたらします。

 ヒダ、コブ、そして舌と3つのギミックに責められるオナホ。

 舌の先っちょもまた独特でそそられる形状です。

 もうアップで撮影したくなる位の細かな造型です。


淫蕩魔女の搾精玩具(ホットパワーズ)
他の取扱店:エムズM-ZAKKA信長TOYs通販大魔王FANZA