安定のヒダ、A10ピストンSA専用ホール スティールβレビュー

 本サイトの記事にはアフィリエイト広告が含まれますが、記事の内容は中立性を保つ様、細心の注意を払って編集しております。

 本日は「A10ピストンSA専用ホール スティールβ」を「A10ピストンSA +PLUS(プラス)」に装着して楽しんでみたいと思います。カートリッジ交換で様々なオナホを楽しめるのがピストンSAのメリットでありますから、色々と試してみたいものです。

 「A10ピストンSA専用ホール スティールβ」は交換用ホールのうちNLSで最も人気のものです。まずは人気には訳があるということでこのホールを楽しんでみようと思います。カートリッジ式で簡単に、そして確実に交換できる様にシステム化された設計となっています。

 内部構造はヒダベースで奥に子宮口様のものは配置された様な構造となっています。また入口にはローション溜まりも用意され使用中にローションが漏れにくい仕様となっているのも他のホール同様です。

 実際に挿入してみるとヒダによる刺激がしっかり来ます。ヒダは全周均等な筈ですが、竿的には弱い部分である裏スジを責められているような感じです。βはαに比べ柔らかめの素材ではありますが、これでも結構刺激が来る印象です。

 αだともっと責められる雰囲気となりそうですが、「気持ち良さ」ということではこのβの方が良さそうですし、もっと言うともう少し柔らかくても良いかと思う位にゾリゾリ来ます。

 安定のヒダという表現がありますが、ヒダはピストン動に対し相性が良いですからA10ピストンに対しては相性の良い内部構造だと思います。付属のクローバーもヒダで良いですが、バリエーションということでは次に試してみたいのはこのスティールということになるかと思います。

 一方こうした電動オナホは機械任せなので、奥部にある内部構造の変化はその恩恵をあまり受けられませんでした。ハンドホールとして単体で使ってみると伸ばしたり縮めたり、指で押し付けたりと積極的に部位を活用出来ますが、電動オナホだと「成り行き」なので、印象に残ったのはヒダによる裏スジ責めという印象です。

 またA10は重量がありますので、ハンドホールの代わりにと身体に垂直に保持するのは重量があり大変です。その為しっかりした専用スタンドも用意されている訳ですが、写真の様にリクライニングして股間に置いてあげる様にして使うと支える程度なので楽です。

 イメージ的には騎乗位、杭打ち的な使い方です。勝手に股間の上でぴょんぴょん上下動してくれて気持ち良くなる寸法です。機会があればこの体位も是非試してみてください。モニター画面も楽に見ることが可能です。

A10ピストンSA専用ホール スティールβ
A10ピストンSA専用ホール スティールβ(NLS)
他の取扱店:エムズ信長TOYs通販大魔王

A10ピストンSA +PLUS(プラス)
A10ピストンSA +PLUS(プラス)(NLS)
他の取扱店:エムズ通販大魔王信長TOYs




おすすめ