インサートクッションピロー ポリ綿たっぷり高弾力タイプ

 タマトイズのインサートエアピローはシリーズ専用カバーのリリースが200を超えるタマトイズの人気製品の一つですが、今日ご紹介する「インサートクッションピロー ポリ綿たっぷり高弾力タイプ」はエアピローの抱き心地や触り心地を格段にアップするブースター的存在の製品です。勿論オナホ固定具としての性能も優秀で、名器クラスの大型ホールも装着可です。

■ ホールポケット

 ホールポケットのサイズは内周は約26.5cm深さは20.cm以上ありますので、名器クラスのかなり太めのオナホをはじめ極太系でもほぼハンドホールなら入りそうです。

 また口には紐で縛る機能も付いていますから、細めのオナホなら少し口を絞ってあげるとオナホが安定します。

■ 実際に装着してみたオナホ

comingsoon.jpg
サイバーイグアナ監修! 極長ヒダ名器~レイ~
comingsoon.jpg
発情スクールデイズ 無防備な下半身
comingsoon.jpg
comingsoon.jpg
ミッション:ティンポッシャブル vol.01 真木今日子
comingsoon.jpg
TENGAディープスロート
comingsoon.jpg
オナホウルS
comingsoon.jpg
TENGA スピナー
comingsoon.jpg
名器の品格
comingsoon.jpg
生素体 04
comingsoon.jpg
夢無花果(ゆめいちじく)
comingsoon.jpg
名器の証明011 高橋しょう子
comingsoon.jpg
コックフィット(Cock Fit)

■ ディテール

 布なのでおよその大きさですが縦の長さ45cm、幅は28cm位です。インサートエアピローに対応しているほか、エア・ドリームシリーズ等他社同等品のカバーにも互換性があります。

 ビニールのエアタイプですとその製品の性質上、どうしても弾力というか反発力が強くなってしまいます。しかしクッションタイプですと抱き心地も良くなりますので少々予算は高くなりますが、布&綿がもたらす独特の温もりも好きですし、私の場合「長く愛するならクッションタイプ」という感じです。

 横から見ると適度な厚みがあります。ホールポケットが無ければ見た目、弾力とも普通の枕と同じです。

 ホールポケット部の穴はカバーの位置とピッタリ合いますのでここにお好みのホールを装着する寸法です。

 SSI JAPAN製の「」の専用カバーを装着してみましたが、純正の様に普通に収まります。イラストの好みによってはこちらを選んで楽しむことも出来ます。

 インサートエアピローはタマトイズ製品の中でも特に人気のシリーズで既に専用カバーは200を超えています。私も時々気に入ったイラストを買い増していますが、専用カバーは1500円程度とお手頃なのも魅力です。

 またお抱え絵師一人が色々な絵を描いているのではなく、多くの絵師が描いているので好き嫌いがはっきりする分より大好きな絵が見つけられやすいのも魅力です。

 当初はエアピローで始まったこのシリーズですが、抱き心地などの面でこのクッションタイプが好きです。あまり金額が変わればアレですが、実売2500円前後とエアタイプと比べても1000円変わりませんので、僅かな差額でよりインサートピローの魅力が倍増するブースター的存在だなと思っています。クッションの抱き心地は人を幸せにしますw。


インサートクッションピロー ポリ綿たっぷり高弾力タイプ(エムズ)
他の取扱店:NLSホットパワーズFANZAAmazonなど


インサートエアピローカバー色々(エムズ)
他の取扱店:ホットパワーズAmazonなど

■ 更新履歴

2020年7月31日 装着オナホ2種追加

2020年5月30日 公開

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です