「ヴァージンループ」流行にのっかりレビュー

201.jpg

 先日入手した「ヴァージンループ」、早速使用してみたのでレビューする。価格以上の気持ちよさでTV紹介後右肩上がりの売れ行きも納得の一本だった。

201.jpg

パッケージとオナホール本体

202.jpg

 今気付いたが、新しいロッドのものはTVで紹介された旨が記載されている。またRIDEの安心素材「バージンタッチ」を使用したオナホが250万個売れた事も記されている。オナホは女性器だけに250万本ではダメで万個(マ○コ)らしい。右は旧ロッドの写真でその様な記載がない。

203.jpg

 古代の装飾品の様な模様が特徴のRIDE JAPANの製品だが、この製品も例外ではない。

204.jpg

 挿入口は外側の広い口をくぱぁすると小さな穴が見えるタイプ。

205.jpg

 内部は無数の横ヒダと4本の縦ヒダで構成されている。使ってみた感想としては素材の柔らかさゆえの緩い刺激なのでまったり派には楽しめると思う。しかし「このヒダの刺激をもっと強く味わいたい!」というならハードがオススメ。個人的にはこっちのノーマルの方が良かったが、自分の好みに応じてノーマル、ハードを選ぶといいだろう。

 実売価格1000円台前半、単層構造でこの感触は◎だ。さらに安心の日本製とRIDE JAPANならではのコストパフォーマンスを誇る。また単層構造は洗いやすい、丈夫というメリットもある。しかしここでメディアから騒がれたからと言って5000円、10000円クラスの複層構造、ギミック満載のオナホと比較するのは極端だと思う。「クラス最強」位の気持ちで接するとこの製品の良さが引き立つし、価格からもリピートしやすいと思う。


ヴァージンループ(ワイルドワン)

ヴァージンループ ハード(ワイルドワン)
ヴァージンループ(エムズ) ヴァージンループ ハード(エムズ)

■ ワイルドワン RIDE JAPAN人気製品色々

■ エムズで取り扱っているRIDE JAPAN製人気オナホ色々

あわせて読みたい