はにーどーる もこレビュー、顔付きと脚の回転機構が新しい

204.jpg

 約2年ぶりの新作となるエーワンの新作ドール「はにーどーる もこ」をお迎えしましたのでレビューしてみたいと思います。「ふぇありー」から「はにー」と名称を変更しただけにぬいぐるみによる顔の表現、脚の付け根の回転など新しい特徴も盛り込まれています。



■ 梱包、大きさ

201.jpg

 左にふぇありーどーる「おすわり」ののを座らせて箱、ドール本体の大きさを比較してみます。細かいことを省いてほぼ「のの」と同じ大きさです。エーワンの各種ドール用衣装が自由に着せ替え可能なボディサイズです。ざっくりですが、実測約145cmの身長です。

202.jpg

 箱の中ではこの様に座った状態で汚れ防止の袋に入っていました。同梱のウィッグは黒色でふぇありーどーるシリーズと同様のものですが、ふぇありーどーるにあったキャミソールは入っていません。また一枚の紙ですが取り扱い説明書も入っています。

213.jpg

 本体の話をする前に先に取り扱い説明書を見てみたいと思います。ぬいぐるみドールならではの注意点が箇条書きされている点はふぇありーどーるシリーズ譲りですが、今回は下の方にオナホの装着方法が図入りで丁寧に書かれています。

 ぬいぐるみはオナホを挿入する時に、知識なしの初心者が力任せに押し込もうとすると最悪ポケットを破いてしまう可能性があります。厚紙やビニールを使用した愛用者には当たり前の方法ですが、こうした心遣い一つも流石ぬいぐるみラブドール(というかラブドール全般)の老舗エーワンらしいところだと思います。

■ ディテール

203.jpg

 それではまずは今回最大の特徴であるぬいぐるみの顔から見ていきたいと思います。布で立体を作っていますので縫い目が目立つのは否めませんが、おっとり系の可愛い顔に仕上がっていると思います。

204.jpg

 同梱のウィッグを被せてみます。製品の素のままだと肌が単調で寂しかったのもあり、頬と口元にピンクのチークを差してみました。ほんのり血色がよくなった感じになったと思います。

205.jpg

 手足の造形はエーワンの従来製品と同等です。手の五指が分離しているのも同様ですが、「のの」「えむ」の様に手を組むことを前提した縫い付けはありません。

206.jpg

 胸もエーワンの標準ボリューム、膨らんでいるけど控えめな感じです。小さいのが好きな人はそのまま、もう少しボリュームが欲しい人は「つけぱい」などでグレードアップしても良いかもしれません。

 基本「のの」とほぼ同じ大きさですが、腕の付け根にも綿がしっかり入っている(ののは前に折り曲げる為に綿が絞られている)、脚の若干太いようです。なので手を組ませても「おすわりのの」ポーズは難しそうです。

207.jpg

 そしてこのドールもう一つの特徴がこの脚の付け根の回転機構です。360度グルグル自由に回転できますのでプレイ時も脚が邪魔になりません。また上半身を自由な角度で立てられますので「もたれ」無しで座らせておくことが可能ですから、毎日行儀よくベッドの上で座って待っていることも出来る娘です。

 様々な座り方で座らせることが可能ですが、「キャラドールトランシス」で4種類くらいの座り方を試していますのでそちらもご覧になってみてください。

・ はにーどーる もこ レビュー(キャラドールトランシス)

208.jpg

 後ろ姿。腰のクビレ、お尻の膨らみなど女性ラインを的確に表現して流石エーワンだと思いますが、お尻が割れていません。ここがこのドールのボディラインでの唯一の欠点かもしれません。これは多分回転機構を内蔵する為に仕方ない事だと思うのですが、気付いたことなので一応挙げておきます。

209.jpg

 ホールポケットはほぼリアルな位置に存在します。脚の回転機構のおかげで脚が全く邪魔にならない状態に跳ね上げることが可能なのが写真からも分かると思います。これは便利な機構だと思います。しかしお尻が割れていないのは前述の通りです。

 またホールポケットは一見ふぇありーどーるシリーズと同様に見えますが、「のの」よりはキツい感じです。

■ ホールポケット

210.jpg

 ホールポケットは内周約19.5cm深さは17.5cm位でした。無理に大きなホールと欲張らず、エーワンのラブドール用オナホで楽しんだ方が良いと思います。ぬいぐるみの綿による圧迫も手伝い、細いホールでもグレードがワンランクアップして楽しめます。

211.jpg

 「はめドル!!オナホ フェスティバル」を装着してみました。この程度の大きさなら不安なく装着できますので、やはりラブドール用がドールの耐久性を考えても装着した時の一体感を考えてもおススメです。

■ 顔のカスタマイズ

212.jpg

 今回は顔付きでしかも一種類ですから気に入った人にはドンピシャですが、好みは千差万別なのでカスタマイズしたい方も居るかもしれません。そこでふぇありーふぇいすが入るかという問題ですが、結論から言うとふぇありーふぇいすは入ります。

 また「ドールマスク ふぇありーふぇいす あすか」も先日発売になったのでこちらを検討してみても良いかもしれません。

「ドールマスク ふぇありーふぇいす」レビュー、端正で可愛い顔立ち

 しかし顔が横に少し広い感じなので少し左右から押し前後に伸ばす感じにしてあげると良い感じになると思います。またアニメ顔にはKUU-FACEを使ったカスタマイズを「キャラドールトランシス」で紹介しています。またエンジェリックドール用のマスクを装着するには顔が少し大きすぎますのでこちらはあまりオススメできません。

・ はにーどーる もこ レビュー(キャラドールトランシス)

 エーワンのドール用衣装が各種使えて、実感的なサイズの145cmボディはいろいろ便利なサイズだと思います。また脚を回転させ羽あげることが可能な構造はより使いやすく実用的です。またこの回転機構には座り姿勢が安定するというメリットもありますので「はにーどーる」ではありますが、『ふぇありーどーる「おすわに」のの』のより実用的な進化版ともいえそうです。


はにーどーる もこ(エムズ)
他の取扱店:FANZAAmazon

ラブドールレビュー他の記事

  • DollHouse168 146cm 愛 レビュー
  • Banidoll(BVBNDOLL工場直売)アニメ顔風ヘッドお迎えレビュー
  • TPEドールをお迎えする前に(二年半同居してきて思ったこと色々)
  • はにーどーる もこレビュー、顔付きと脚の回転機構が新しい
  • 「はめドル!!育成中 パイン」レビュー
  • 「木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型」一年実際使ってみたレビュー
  • 「エンジェリックドール エア」レビュー、従来サイズでオプション全使用可のお手頃バージョン
  • シリーズ一番人気「はめドル!!育成中 ヒヨコ」レビュー
  • 「エンジェリックドール」レビュー、カスタマイズでより自分好みに!
  • ふぇありーどーる 「おすわり」のの レビュー。完成度の高さはシリーズ一
  • 二次元中心、ラブドールを撮影モデル視点でレビュー&カスタマイズ情報サイト「キャラドールトランシス」

    cat.jpg

    2019年11月

              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8

    おすすめショップ

    (当サイト経由売上順)

    アダルトグッズのNLS

    Amazon.co.jp

    冬こそぬいぐるみラブドール

    完成度の高いベストセラー


    ふぇありーどーる 「おすわり」のの タイプA ロング 黒

    人気ふぇありーどーるシリーズのニューフェイス


    ふぇありーどーる えむ Aタイプ ロング 黒

    お迎えした人みんなが高評価


    木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型

    リアルボディ+3Dボーンシステムちゃいドル二階堂りお
    リアルボディ+3Dボーンシステムグラマラスゴシック
    リアルボディ+3Dボーンシステムぽっちゃり持田まゆ