TENGA MOOVA(ムーバ)レビュー

t1.jpg

 先日オナホ館で出会ったテンガ営業に勧められた「MOOVA ムーヴァ シルキーホワイト(ソフト)」を今日はレビューしてみたいと思う。非常によく考えられたパッケージだと思ったので使用感も勿論だが、パッケージのレビューも行いたいと思う。

t1.jpg

 テンガらしいスタイリッシュなパッケージ。ドロドロしたエロさが全くないパッケージは毎度の事ながらさすがだ。

t2.jpg

 この様に蓋を開けるとオナホの口が「こんにちは!」中の棒は何の為?後述するが、テンガ=使い捨ての概念をひっくり返すアイデアが盛り込まれている。

t3.jpg

 堅そうに見える外皮はこの様に簡単に押し潰れる。押し潰しても良いがこの螺旋が絶妙に働き絞るように捻ってやると内部が締まる仕組みだ。

t4.jpg

 絞って潰すと内部が狭くなっているのが分かる。柔らかい内部のオナホ本体と外皮の二層構造になっているのだが、この様に手で内部のキツさを加減したり、手で刺激を与える場所を押したりしやすくなっているのがポイントだ。

t5.jpg

 テンガお約束のバキューム穴。全くこの穴一つでオナホの性格が変わるのだから面白い。めいいっぱい絞ってこの穴を塞ぐと超キツキツになる。今回の外皮に設けられた螺旋はこの穴の効果を更に高めている。

t6.jpg

 先ほどの蓋の棒はこの様に使い終わって洗った後の乾燥に利用する。テンガ=使い捨てと先入観があるが、洗った後の乾燥まで考えられたパッケージというのが面白いし、役に立つ。テンガのイメージを新しいテンガが壊しているところが、この製品の新しいところかもしれない。

 そして気になる使用感だが、特筆する素材感やギミックは無いが、抜く道具としての機能は十分だ。個人的には入口側の刺激の強い部分が気に入った。また穴を巧みに利用し吸い付くような感じ、まったり擦る感じを使い分けても面白い。

 そして使い終わった後の洗浄も外皮と内部が簡単に外せるので綺麗に洗える。先述の蓋に付属した棒を利用して乾かせば繰り返し利用することが出来る。また暫く使わなくても蓋で埃が付着するのを予防出来る、ブリードで棚などを汚さないなど保管にも便利だ。オナホのギミックも新しいが、使用、洗浄、保管まで考えられた抜き道具としてのパッケージも評価したいと思う。

あわせて読みたい