ぷにあなミラクルDXはシリーズ最大級10kg、等身大の迫力、存在感

301.jpg

 人気のぷにあなシリーズにシリーズ最大の等身大「ぷにあなミラクルDX」が誕生した。構造は従来品がそのまま大きくなったような骨格入り構造だが、重さは10kgある。

301.jpg

 パッケージと中身。こうやって写真で見ると分からないが、箱の高さは60cm以上ある。実際に店舗で外箱を見てきたが、SSI JAPAN「リアルボディシリーズ」と比較して幅、奥行きはほぼ同じだったが、高さは少し高かった。初めての人はその大きさ、存在感に驚くだろう。等身大、1/1ならではの存在感だ。

 先程『「リアルボディシリーズ」と比較して』と言ったが、やはり等身大のトルソーということでこの辺が競合になりそうだ。しかし「ぷにあなミラクルDX」は「リアルボディシリーズ」と比較して約1万円ほど高い。その約1万円の価値について書いていこうと思う。

  本体は約10kgある。「リアルボディシリーズ」はポチャを除いて7kgなので一回り大きいのだろう。実際箱も高さが少し高いので間違いなさそうだ。またこれ位の重量になると骨格が無いとダラーンとしてしまうが、シリーズのこれまでのノウハウで培われた形状の骨格がそのまま大きくなった感じで内蔵されている。

302.jpg

 そして「ぷにあなミラクルDX」は写真断面図の様に二穴共に二層構造となっている。内部を赤色の別素材としたことにより挿入感の向上と、内部を覗いた時のリアルさに一役買っている。

303.jpg

 またおっぱいも複層構造、乳首別パーツとしたことにより揉み心地、耐久性が向上している。おっぱい単体でも製品化できるレベルだ。

 また「リアルボディシリーズ」はリアルなボディラインを目指しているのに対し「ぷにあなミラクルDX」は楽しむのに最適化されたデフォルメボディという感じになっているように感じる。同じくらいの大きさで価格差約1万円ということだが、僅かに大きい分、ホールの二層構造、おっぱいの多層構造あたりにその価格差が現れていると思う。


ぷにあなミラクルDX(エムズ)
ぷにあなミラクルDX(ホットパワーズ)
ぷにあなミラクルDX(NLS)
ぷにあなミラクルDX(DMM)

あわせて読みたい