カスタムメイドのコントローラを「木偶の坊」に仕込んで腰を振ってみた

503.jpg

 カスタムメイドシリーズには「カスタムオーダーメイド3D2 with Chu-B LipS2 エアドールセット」なるものもあり、筒を手で動かすのではなく、実際に腰を振ってゲームを楽しむ時代になった。そこでさらに一歩前進で「木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型」にコントローラを装填してみたところこの組み合わせでも楽しむことが出来た。

 既にメーカーもニーズを察知して「カスタムオーダーメイド3D2 with Chu-B LipS2 エアドールセット」なるものを販売してくれているが。しかしこれからの寒い時期、ぬいぐるみドールの方が暖かみがあるし、長く使えるのではないかと思い「木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型」が普通に使えた。


カスタムオーダーメイド3D2 with Chu-B LipS2 エアドールセット

501.jpg

 コントローラ。うちはひとつ前の型のChu-B LipSだが、外周は約22cm。これが楽に入るとなるとホールポケット内周が23cm+伸びシロの 「木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型」しかないと考えた。

502.jpg

 様々なコントローラーはプレイ中使えないので、マウスやキーボードで行う。なお一番射精はキーボードの「G」ボタンで代用する。写真の様に電源を入れてからセットしよう。

503.jpg

 装填したところ想像通りピッタリだった。引き抜きにも若干の抵抗があり、実際二回ほど使用してみたが、問題なく使えた。しかし個体差や竿の太さによる抵抗で動くなら、100均などでも買える「滑り止めマット」を巻いてやると完璧だろう。

 やはり手で筒を動かすのと違い、人の形をしているものを前に腰を振るのでは臨場感が違う。またこの行為はゲームには反映されないが、大きなおっぱいを揉みながら楽しむことも出来る。肌色であり、ぬいぐるみの暖かみもありやってみた自分で言うのもなんだが、これはおすすめ。是非エアドールで腰振りのリアル感を味わったら今度はこちらも挑戦してみて欲しい。

 また市販のMサイズコスが結構な確率で着せられるのもポイントが高い「木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型」なのだ。

あわせて読みたい