「木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型」徹底レビュー

801.jpg

 今日は「木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型」をレビューしてみたいと思います。お迎えする以前は「何でそんなに評判がいいのだろう?」という感じでしたが、お迎えしていざ手にしてみると凄いラブドールです。価格以上の価値あります、納得しました・・・。

■ 本体全体

801.jpg

 付属のウィッグを被せたお顔はこんな感じです。優しい寝顔は快楽を享受しているようにも見えるので、他社のラブドールでも人気の顔です。

802.jpg

 顔はソフビで出来ていますが、固い首部分に付属のクッションでこの様に固定しています。首に刺すのに少し力が要りますので、しっかり固定できています。しかしウィッグが外れたり、ズレたりするのが嫌な方は頭頂部にマジックテープなどで固定すると良いと思います。

■ 本体全体

803.jpg

 手の甲と掌が作り分けられているドールは大手では木偶の坊だけではないでしょうか。親指が掌側に向いていて、掌には手相もあります。「ぬいぐるみで出来るだけのことを!」という真摯な姿勢が、この手一つでも分かります。

804.jpg

 脚はぬいぐるみドール一般的な造形です。

805.jpg

 最近のTPEやシリコンのシームレスドールと比較するとダルっとした感じですが、むしろ熟女感が出ていていいかなと最近思うのですが、いかがでしょうか。特に二の腕の太さや大きなおっぱいをこの雰囲気で表現するのはTPEやシリコンでは難しいのではないでしょうか。ぬいぐるみならではの暖かみと相まって母性を求めるならこの木偶の坊の右に出るドールは執筆日現在存在しないのではないかと思います。

 ちなみに想定身長は165cm、スリーサイズはB90cm、W65cm、H89cmとなっています(公称)。

806.jpg

前側

807.jpg

後ろ側

 出るところしっかり出て、女性らしい曲線的なラインもしっかり・・・。布の切り貼りでこの造形を作ってしまう、まさに「ぬいぐるみ職人」という感じです。それと私がぬいぐるみドールを激推しする理由に重さがあります。このドールはホール装着時で約2.8kg、TPEやシリコンドールの約1/10です。取り回しや持ち運びもとても楽なのです。(シリコンやTPEドールで150cmクラスとなると約30kg前後、スーパーの大きな米袋3個分です、それを常に動かすことを想像してみてください。)

■ ホールポケット

810.jpg

 木偶の坊のホールポケットが大きいのは有名な話ですが、一般的なぬいぐるみドール「エンジェリックドール」(右)と比較してみると、大きさがお分かりいただけるかと思います。この桁外れの大きさのホールポケットは大型の部類になる「名器の品格」クラスがセット可となっています。

808.jpg

 数字で語ると長さ20cmの棒が楽に入りますので、奥行20cm以上入口の内周は約25.5cmです。ほぼハンドホール限界の大きさまで装着可能です。

・ ラブドナホで検証した木偶の坊で楽しめるオナホ色々

809.jpg

 そして最高に驚き感動したのが、ホールポケットの布はウェットスーツの物ということです。液漏れによる汚れや、オナホのブリードが浸透し中の綿を汚す心配がありません。とにかく随所にユーザー目線のこだわりが詰まった凄いラブドールです。実際にお迎えしてみると各所で評判が良いのも納得です。


木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型

木偶の坊 セックスドール タイプG2 夏音 なつね

 座りタイプは椅子に座らせたり、合体する時も脚が開いていて使い易いですが、添い寝もしたいなら右の立ちポーズの方が良いと思います。

あわせて読みたい