エムズ、今年人気のラブドール(ピロー含)五選

507.jpg

 「エムズの年間売り上げランキング」が発表になりました。ジョークグッズジャーナル的には一番気になるラブドール部門を中心に見ていこうと思います。

 まずは集計結果をご覧ください。1位から3位まではタマトイズの「インサート~」系がランクインしました。一昔前までは「ラブドール=人型」と決まっていましたが、可愛いイラストがプリントされた縦長のピローは二次元系には長所も多く、また種類も多くより好みの娘を選べることからラブドールの代わりにこちらを選択する人も増えてきているのではないかと思います。

 ドールLOVEな私もピロー系を各種持っていて実際良いと思っていますので、興味のある方は昔の固定観念に縛られずに挑戦してみて欲しいところです。そしてこれらシリーズはエアピローからスタートしているにもかかわらず上位にランクインしているのはクッションという現象も興味深いです。

 ラブドールでは「ぬいぐるみがいいよ!」と推しているジョークグッズジャーナルですが、綿、クッションがもたらす気持ちよさを本能的に求める需要が市場にも表れていると嬉しくなります。イニシャルコストはエアタイプに比べ高いですが、抱き心地などでは格段に上ですので長く使うならクッションです。

 特に二股系は布面積が大きい分他のシリーズと比較して少々お高めですが、迫力はほぼ等身大で私的にもお気に入りのシリーズです。登場時にレビューもしていますので是非参考にしていただければ幸いです。

・ インサート二股クッションピロー、抱き心地最高なレビュー

写真 製品名
1位 インサートクッションピロー ポリ綿たっぷり高弾力タイプ
2位 インサート二股クッションピロー
3位 インサートクッションピローDX
4位 はめドル!! 育成中 HIYOKO
5位 にっぷるん3 おねだり

 そして昔から言われるいわゆる「ラブドール」型で唯一ランクインしたのが「はめドル!! 育成中 HIYOKO」です。本当に可愛いく私もよく写真を撮っている位なのでこれも納得ですが、エーワンの看板娘も「LOVEBODY」から「はめドル!!」に世代交代しているということでしょうか。この現象だけを見て断言は出来ませんが平成から令和になり時代も動いていることを実感します。

 しかしはめドル!!シリーズも最終タイプが発売になったのは2017年夏、エーワンは2018年夏にも夢野ねるを発売していますが、そろそろ新しいアニメ顔も欲しいところです。来年はどんなドールが顔を並べるか楽しみなところです。

あわせて読みたい