タマトイズ「スクール水着マスク」、3カ月で使用感が出てきて良い感じに

 世の中には「新品のパリッとした感じが良い」という考え方と「使い込まれた味のある感じが良い」という考え方があります。我が家の「旧スクール水着マスク」も買ってから3カ月が経ち「使い込まれた味のある感じ」になってきました。

 「新品のパリッとした感じが良い」という考え方は単純で新品を手に入れれば容易に満たされますが、「使い込まれた味のある感じが良い」という場合「ウェザリング」と「エイジング」というものがあります。二つはよく似ているので「この場合はどちら?」という微妙なものもありますが、分かりやすいものを挙げておきたいと思います。

■ ウェザリング

 新品では新車の様な鉄道模型を風雨による汚れ、ブレーキの鉄粉による錆、機関車のばい煙等により汚れた様な状態を塗装で再現しました。触ると手が汚れそうですが、塗装による表現なので実際は触っても汚れません。毎日休みなく走っている現役の車両という雰囲気です。この様な加工を「ウェザリング」と呼びます。

 2016年に書いた下の記事などは下着を使用済みっぽく仕上げる加工ですのである意味ウェザリングではないかと思います。

■ エイジング

 一方こちらはフィルムカメラの写真ですが、使い込まれて角は塗装が剥げて地金が見えています。こうやって使い込まれて風合いが出てくることを「エイジング」と呼びます。これが高じるとわざと角を擦って地金を出して古めかしさを出したりする「エイジング加工」になります。

 今回うちのマスクは何度も洗濯して氏名札の文字が薄れてきて、いい感じに「使い込まれた感」が出てきました。当初はこの氏名札を外して使えば単なる紺色のマスクなのでそうして使おうかと考えた時期もあったのですが、この名前札がいい風合いになってきて今では気に入っています。

 スク水は複数年洗って使用出来るだけの耐久性がありますので、本体自体は購入した時と変わらない様に見えますが、買って袋から出したばかりの時と比べ、氏名札が「使用済み感」を上手く演出してくれています。

 ちなみに裏地も殆ど変化なく、ソフトな肌触りで気に入っています。今後洗濯を繰り返すうちに表側の布に少しくたびれてくるとますます「使用済み感」が出てきてよい感じになりそうですが、こうして使い続けることによる「味」を感じる楽しみ方もこの製品の楽しみの一つだと思います。


旧スクール水着マスク(Amazon)
他の取扱店:NLSFANZAなど

スクール水着マスク(Amazon)
他の取扱店:NLSFANZAなど

あわせて読みたい