自分に一番合う「パーフェクトボディ」はどれ?

 タマトイズから「パーフェクトボディ 軽量低反発クッション」が発表され、トルソー型の「パーフェクトボディ」シリーズはクッションの「パーフェクトクッションボディ」、TPE製の「パーフェクトボディDX Gカップ骨格筋入り」と合わせて3種類になりました。

 それでは「3つのうちどれがいいのか?」となると答えは「何に重きを置くか」によってベストなモデルが変わってくると思いますので、今回は3種類を様々な着眼点でランク付けしてみました。求めるものが価格なのか、見た目のリアルさなのか、メンテのし易さなのかによって順位は色々と変わります。

■ 価格

1位 パーフェクトボディ 軽量低反発クッション(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズAmazonFANZAなど
1位 パーフェクトクッションボディ(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAAmazonFANZAなど
3位 パーフェクトボディDX Gカップ骨格筋入り(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズFANZAなど

 まず価格面ではこの様になりました。定価で見ると低反発とクッションは19800円、TPEのDXは39600円です。

■ リアルさ

1位 パーフェクトボディDX Gカップ骨格筋入り(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズFANZAなど
2位 パーフェクトボディ 軽量低反発クッション(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズAmazonFANZAなど
3位 パーフェクトクッションボディ(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAAmazonFANZAなど

 リアルさでは一番肌に近い素材を使用しているTPEのDXが圧倒的に1位でしょう。透き通る肌の様な雰囲気まで本物以上という感じです。続いて型抜きなので形状のリアルさでは同等の低反発となり、ぬいぐるみはどうしても造型では不利となってしまいます。

 特に挿入口付近の造型は一体成型のTPEのDXは断トツのリアルさです。

■ 触り心地

?位 パーフェクトクッションボディ(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAAmazonFANZAなど
?位 パーフェクトボディ 軽量低反発クッション(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズAmazonFANZAなど
?位 パーフェクトボディDX Gカップ骨格筋入り(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズFANZAなど

 当初「温もりのあるフカフカな抱き心地」ということをイメージしてこの様な順序で並べてみたのですが、リアルな弾力性ということを考えると順位はまた変わってきそうなのでこの項目での順位は「?」としました。

■ 重量

1位 パーフェクトクッションボディ(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAAmazonFANZAなど
2位 パーフェクトボディ 軽量低反発クッション(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズAmazonFANZAなど
3位 パーフェクトボディDX Gカップ骨格筋入り(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズFANZAなど

 重量ではクッションが500g、低反発が2.3kg、TPEのDXが10kgですのでこの様な並びになります。しかし軽い方が扱いやすいのでこの様な並びとしましたが、「重たい方がリアルじゃないか!」という意見で見ると順位は全く真逆になります。

■ オナホのバリエーション

1位 パーフェクトクッションボディ(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAAmazonFANZAなど
2位 パーフェクトボディ 軽量低反発クッション(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズAmazonFANZAなど
3位 パーフェクトボディDX Gカップ骨格筋入り(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズFANZAなど

 オナホの装着に関してはクッションが寛容性が一番高く、細いオナホからかなり太いオナホまで何でも入ります。低反発も口径の合うオナホなら色々試せますが、クッションに比べると寛容性は低く極端に細いオナホや太いオナホは入りません。TPEのDXは一体型なのでデフォルトのオナホしか楽しめません。

■ メンテナンス性

1位 パーフェクトボディ 軽量低反発クッション(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズAmazonFANZAなど
2位 パーフェクトクッションボディ(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAAmazonFANZAなど
3位 パーフェクトボディDX Gカップ骨格筋入り(エムズ)
他の取扱店:NLSM-ZAKKAホットパワーズFANZAなど

 最後に使用後のメンテナンス性について考えてみます。ホールを着脱できてホールのみ洗えるという点では低反発、クッションが有利ですが、更に本体にローションや液体が付いた時の拭き取り易さを考慮すると低反発が一番メンテナンス性が良いのかなと思います。

 色々な視点でランク付けをしてみましたが、見方によってベストなモデルが変わってくるので悩めば悩むほどどれが一番いいのかが分かりにくくなります。

 しかしザックリまとめるととにかく最高のリアルさを求めるなら「パーフェクトボディDX Gカップ骨格筋入り」、逆に手軽さや使いやすさを求めるなら「パーフェクトクッションボディ」、そして両モデルの中間的な存在が「パーフェクトボディ 軽量低反発クッション」ではないかと思います。

 パーフェクトボディは逃げませんので製品に何を求めるか、長く使うことを想定してメンテのことまで考えながらお気に入りのモデルを決めてみると、納得の買い物が出来るのではないかと思います。

あわせて読みたい