ジョークグッズジャーナル式ベストオブラブドール2015、4選

203.jpg

 本日はジョークグッズジャーナルの独断だが、ベストオブラブドールなるものを選んでみた。先日「JARA」という団体がアダルトグッズの優秀賞を設けていたが、ラブドールへの言及がほぼ無かったのでちょっとやってみようと思ったのもある。しかしこのランキングは「厳正な審査の結果」ではなく「私の厳正な独断」なので製品の優劣ではない。、更に私の好みに走ったらこの様なランキングに変化する。 

1位


ふぇありーどーる 「おすわり」のの

 ももが一回り大きくなって改良された様な感じのぬいぐるみドール。「ふぇありーどーる もも」で洗い出された欠点を全て改良してきたようなドールなのでほぼ完璧なぬいぐるみドールに仕上がっていると思う。大きくなった分akiなどの衣装が全て互換になった。抱きしめて心地よく、お座りさせればコンパクトに座るドールとまさに理想の同居人!

203.jpg

 お座りの脚を解いてやると車の助手席に座ることも可能。膝枕(頭の脂で汚れるのでタオルを敷くこと推奨)や着せ替えなど色々出来るが、インドアで楽しむのが推奨。汚れるし、ポーズ固定できないので外で遊ぶのは難しそう。

2位


朝起きたら隣で裸Yシャツが寝ていた Vol.3

 2位は業界初のソフビマスク。そのまま楽しんでもいいが、ももやえあのボディにますくを移植することも出来る。しかしaki、ののなど140cmクラスに付けると小顔な分肩幅が広く感じるので要注意。ソフビマスクのクォリティは高く、アニメ調だが、最近流行の萌え系ではなく美人系の顔立ち。ビニールボディ(本体)の造形はラブボディなどと比較するとやや大味な感は否めないが、肌触りのいい素材を使用ししっかり作っている感がある。マスクはリアル顔、萌え系とバリエーションを増やしていけばあらゆるユーザをターゲットに出来る潜在力を持っていると踏んだ。

401.jpg

 左は純正ボディ使用でウィッグ、衣装等のカスタマイズ例。右は「オンナノコのカラダ」にますくを装着したが小顔ゆえ肩幅や胴体が大きく見える。「ふぇありーどーる もも」、「宇佐羽えあ」がサイズ的には相性がいい。

3位


はめドル!!育成中 EIKA エイカ

 3千円弱の予算でこれだけ可愛い。裸Yシャツや宇佐羽えあのようなますくに拘った製品に比べると顔がチープだが、そのチープさを上回る可愛いイラストで着せ替え人形としても楽しめるほどのクォリティに仕上がっている。ヌードだと若干大味なボディラインだが、ラブボディのメーカだけに凹凸のメリハリがきっちりあり服を着せるとなかなか魅力的なボディラインに仕上がる。またLovebodyシリーズのコスチュームを互換としているところも初心者に対する配慮として高く評価したい。

 新作「はめドル!!育成中 ナコ」も先日レビューしたところだが、日が浅く次回のエントリーで評価したいと思い今回は圏外とした。

202.jpg

 130cm?140cmサイズの服を着せ替えたり、軽いので何処でも立つので飾っておくことも可能だ。

4位


撫子Doll なでしこどーる もみじ

 4位は撫子どーるのもみじちゃん、受賞理由は100%パッケージイラストが可愛いから。本体はまだ開封していないのでレビューはまた後日だが、同シリーズのコスのレビューはこちらにアップした。今回受賞した4ドールの中でパッケージが一番可愛い。業界初リップホールが装着出来るドールで、座り込んでフェラをしているようなポーズの娘だ。

あわせて読みたい