半熟サキュバス 2.5次元コネクトまくらレビュー

201.jpg

 キテルキテルから発売になった「半熟サキュバス 2.5次元コネクトまくら」は「インサートエアピロー」と互換仕様の同サイズの枕だが、ふかふか感が気になっていたので先日購入してきた。早速レビューを実施してみようと思う。

201.jpg

 普通の枕同様ファスナー付きのビニール袋に入っていた。収納にも便利で耐久性のありそうな袋だ。

202.jpg

 右が「インサートエアピロー」。大きさは同じで完全互換。

203.jpg

 素材が布である故にオナホ装填時にはブリードの染み込み防止でタオルやビニールで巻いてあげる必要がある。今回は350mlのペットボトル(左)や350mlペットボトル+ローション(右)を装填してみたが、穴は大きいのでかなり太いホールでも装填可。逆に細いホールはタオルで厚みを増してあげるとよい。

204.jpg

 新品時は高反発がウリのポリ綿タイプの枕なのでふかふかだが、将来の汚れやへたり時の綿交換、固さ調節用の開口部がある。ここで綿を交換したり増減出来る。

205.jpg

 純正の「2.5次元コネクトまくら専用枕カバー」は装着出来て当たり前なので、「インサートエアピローシリーズ」のカバーを装填してみた。重量感やふかふか感はビニールより断然良い。しかしメンテナンスを考えたり、オナホ固定具としての実用性を考えると「インサートエアピロー」も捨てがたい。どちらも一長一短なので何を求めるかによって選択も変わってくるような気がする。

 しかし普通の枕にも使えるこのふかふか感はとても幸せな気分にさせてくれることは間違いなさそうだ。


インサートエアピローシリーズ

あわせて読みたい