TMAのVR体験イベントが秋葉原ソフネットで開催

404.jpg

 AVメーカーのTMAが秋葉原のソフネットでVRの体験会を行うらしいという情報を聞きつけ昨日秋葉原のソフネットにお邪魔してきた。今回会場で視聴したり製品を見て思ったことは、立体的に視界に広がるVRは大迫力なのだ。しかしVRはもう特別なものではなく、身近なものになりつつあるということだった。

401.jpg

 場所は秋葉原のソフネット、万世橋警察署の通り、TX側にあるお店だ。

402.jpg

 今回はTMAさんのイベントとなるが、入口にもTMAのポスターがいっぱい貼られている。しかし今日の目的は新作タイトルではなく、VRだ、VR

403.jpg

 という訳で会場着。場所は階段脇の小さなスペースだが、VRなので小さなスペースで良いのだ。45cm四方のスペースでも大きな仮想世界が広がる、これがVRなのだ。蓮実クレアさん、みづなれいさん二人のノボリが掛かっている。個人的には年賀状を頂いた蓮実クレアさん狙い。

404.jpg

 今回はこれら4本のデモムービーを使ってVR体験が出来る他、気に入ればソフトの購入も出来る即売会も兼ねていた。

405.jpg

 装備はヘッドホンとスマホが入ったゴーグルだけ。これだけの装備でVRが体験出来る。

406.jpg

 スタッフが準備してくれたヘッドセットを着用していざ体験。

407.jpg

 写真はゴーグルの中では「私のオマ○コ舐めて気持ちよくして!」とクレアちゃんが迫ってきているシーンが流れていて、嬉しそうな顔をしている中の人。

408.jpg

409.jpg

 今回イベントで実感したのはVRの敷居が下がったというか、もう無いということだ。少し前だとゴーグルもソフトもそれなりの価格だったが、今回並んでいた製品はゴーグル1620円、ソフト1本1480円、たった3000円程度でVRが楽しめるのだ。

 勿論映像を流すにはスマホが必要なのだが、今殆どの人が持っているものを上手く流用することにより初期投資が少なくてVRを楽しむことが出来る。ここ数年で新しい技術と話題のVRだが、実際体験してみると「VRは身近なモノ」レベルになっていると思った。(※注:今回イベントで使われていたゴーグルと1620円のゴーグルは別物です。)

あわせて読みたい